牡蠣パーティ

北海道出身のオーナーが「北海道のおいしい牡蠣でパーティしよう!」の声にこたえて早速、桟橋でパーティをする事になった。
厳冬期とはいえ移動性高気圧に覆われて比較的暖かい土曜日の午後、いつもの木製桟橋は火気禁止だそうで、ひっそりとしたコンクリートと煉瓦で舗装したビジター桟橋にフネを繋いででやることにした。c0041039_16162934.jpg

食材は北海道・厚岸と兵庫・相生の牡蠣、鳥羽のサザエ、をメーンの食材として残りは徒歩5分のス-パーから暫時調達する事にしてスタート。

予定時間を待てないで、炭火が赤くなってきたら、「乾杯だ」そして「今、はやりのノロウィルスはしっかり焼かなくては・・・」といいながら始まってしまった。

そんな事を予想していたメンバーの皆さんも手に手に自慢の銘酒をぶら下げてそんなに遅れず集まってきた。

日が落ちてくると流石に寒くなって来たが、老若男女20数人が集まり、話題沸騰、盛り上がってきた。やがて食材が切れ、焼き鳥、イイダコが網の上で焼かれて、炭焼きはお仕舞いになり、キャビン内でお料理上手のOさん手作りのおでん鍋を囲んで2次会が始まった。

高齢化著しいヨットマンのキャビンパーティも、女性、それも美人姉妹と称する女性が入ると俄然楽しくなってきた。「やっぱりギャルよりも一回り、二回り上の姐さんくらいがしっくりしますな」とは還暦間近なあるオーナーのお言葉。

パーティの最後に落水救助のおまけイベントがついた。
主催メンバーのTさんが機材の片付け中に足を滑らして、デッキより落水! 付近のメンバーが落水と叫ぶと、酩酊就寝中の某ドクター、さっと出てきて、皆と救助するや、又寝込んでしまった。 ・・・翌朝、かれの記憶に落水救助のシーンは無かったが、その反応の速さは皆さん感心しきり。
c0041039_16302499.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-01-31 16:23 | 音楽・パーティ  

<< 国際信号旗について ヨット旅行のトイレ事情 >>