ボートショウを見学する

c0041039_971179.jpg 秋晴れの土、日曜日にハーバーのビジターバースでモーターボートだけのボートショウが開かれていた。意外に多くのお客さんが入っている。いつも行われているヨットのボートショウの人出よりは若い人が格段に多いようだ。
 出品されているボートもかっては大型のフィッシャーマンや豪華で高そうなボートが沢山展示されていたが、今回は40fを越すのは3~4隻だったかな? 9000万円クラスのトヨタポナム45と7000万円のベネトウ社ののトローラ42に人が集まっている。全体に小型の釣りボートが多いが、中々の盛況だった。
c0041039_981542.jpg

c0041039_99492.jpg ボクが今回面白いと思ったのは「トヨタ ドライブアシスト」だ。これはボートを前後、左右、斜め前後左右、その場回転もジョイスティックだけで操作できる装置である。実際にボートを動かしているところを見たわけではないが、その説明板を写してきた。頻繁に離着岸する最新の客船などには装備されているそうだが、さすがトヨタ。高めのモーターボートに面白いものを付けて来たのだ。最近、ご近所で新艇ボートを買ったオーナーさんが「これだけ欲しいなぁ」と言っていた・・・。


c0041039_9101665.jpg 顔見知りのディラーは「ヨットも良いけど操作が面倒だ」なんて思っている団塊世代をターゲットに28fくらいの小振りのクルージングタイプのボートを売り出している。値段を聞くと1600万~1800万円と結構にいい値段だ。でも、営業マンは「そこそこ売れている」と言っている・・・。大阪でボチボチは普通に売れていて、そこそこと言えば結構売れているんやで、と聞いた事がある。なるほど、それでシュリンクされた輸入ボートがヤードにおいてあるのをよく見る訳だ。

c0041039_9131968.jpg お天気が良いので各ビルダーの旗を立てた試乗艇はお客さんが一杯だ。頻繁に発着を繰り返している。ボストンホエラーが幟を何本も立てて走っているのを見ると一瞬何だろうと思ったりする。

 ボクの所にもヤマハからボートショウの案内ハガキが確かに来ていた。でも持ってくるのをすっかり忘れていた。それがあればガラガラで抽選が出来たのに残念。

 そう思っているとヒルトン・バーケーション・クラブのお姉さんから「ハワイ旅行が当たるアンケートをしませんか?まだ3人しか応募がないの確率は高いですよ!」と声を掛けられた。ガラガラよりはこっちの方が良さそうだとすぐさま用紙に適当に記入し、お土産に小さい買い物袋を貰った。ガラガラ抽選はいつやってもボールペンだったので、イベントに参加してチョットだけ得をしたような気分になって、賑やかな会場を後にした。
[PR]

by pac3jp | 2006-10-25 09:26 | ウオッチング  

<< アンカートラブル解消方法 処女航海 原 健著 >>