ヨットでウオッシュレットを!

 トイレのウオッシュレットはもうかなりのご家庭で使っておられるだろう。新しく出来るショッピングセンターのトイレにも必ず付いているくらいだから。でも、自分のヨットにウオッシュレットを付けている人はまだ少ないだろう。しかし、最近に新艇を造ったオーナーはウオッシュレットも装備したよ、とよく聞く。オーナーの希望は全て叶えてくれる?国内の小規模ヨットビルダーでは充分可能である。
 
 アメリカやヨーロッパの大ヨットビルダーのプロダクションボートではそのようなオプションはない。アメリカのWest Marineのカタログにも載ってない。欧米ではトイレで前を洗う文化はあるが後は洗わないのだ。「ウオッシュレット」これってやっぱり日本人固有の文化なんですね。

 新艇の建造中にウオッシュレットを付けるのなら代金を払えばメーカー品のTOTOやINAXをビルダーが考えて設置してくれる。でも自宅のトイレの快適さを長らく乗っているヨットの上でも、と言うことになると、ひと工夫がいる。お隣のオーナーはこの装置がなければどこへも行けない程の熱烈なウオッシュレットファンである。
 そこで、彼は乗りなれた愛艇のトイレにハンドメイドで専用の装置を取り付けた。↓


c0041039_8503799.jpg 主なパーツは以前に乗っていた軽自動車のウインドウオッシャーのタンクとポンプを流用した。あとは洗浄用のホースとその先につけるアクリルのパイプだけだ。 電源SWはタンク左横(青い小箱)に取り付けた。本体の取り付け場所は便器隣の手洗いボールの下、開き戸の内側にペ-パーと一緒にセットした。この装置は自動的に温水は出ないが、暫時お湯をタンクに注げばOKだ。手動式ではあるが立派に用は果たしている。


c0041039_851673.jpg 一方、ウオッシュレットは欲しいがハンドメイドで作るのは面倒だと思っているヨットマンはちゃんと既製品を探してきた。TOTOから「トラベルウオッシュレット」という海外旅行用の小さい道具が売り出されているのだ。値段も通販で5,000円位で買えるらしい。洗浄水は150mlくらい入る。SWを押すと水も結構勢い良くでてくる。この道具は歯ブラシと同じくヨットの装備でクルー共用というよりも専らパーソナルユースでしょうね。

 どちらにせよ今は家庭用に較べると付加機能は貧弱だが、いつの日かクルージングヨットもジェネレーターが標準装備の時代になったら普通の温水洗浄、暖房便座、温風乾燥、便フタ自動開閉なんてものも使えるようになりますよ!
[PR]

by pac3jp | 2006-10-06 09:01 | ヨットの艤装と艤装品  

<< セーリング国体は終わった 木のマスト >>