二日目 佐柳島

c0041039_1602660.jpg

 佐柳島は塩飽諸島西の端にある人口300人くらいの小さな島だ。何時も前の備讃瀬戸北航路はよく通るが島に寄ったことはなかった。海図を見ると島の周りはかなり浅い。島渡りのフェリーの航路を参考に、ひやひやしながら長崎港に入る。途中、異常に浅い所もあったが島民にお聞きすると地元の人が無断で漁礁を造ってしまったからと言っていた。
 画像は満潮時だが、今日はこれから3M位潮がひく。ハシゴのある場所で岸壁に舫いロープの擦れ止めにチェーンをつけて用心した。港の前の小さな広場では盆踊りの用意が既に出来ていた。明日が盆踊りの日だ。お盆の帰省客だろうか、若い女性達が漁港の岸壁で水浴びしている華やか声が聞こえてくる。
c0041039_165615.jpg
 夕方になると潮が引き、岸壁から3m下の谷底のフネで我々は夕食をする。地上では茣蓙と座卓でセットされていたパーティ会場に一族郎党と思しき10人位の老若男女が集まってきた。賑やかにやっていたが、暫くすると3m下の我々に美味しそうに焼けた鯛のようなお魚の差し入れがあった。食材も料理の腕も乏しい我々には立派なご馳走だ!早速頂く。それから次々と持ってきてくれる。気の毒と思ったのか、お喋り好きのクルーが早速仲間に入ってしまった。それから夜が更け、宴が果てるまで楽しい会話は続いたのだった。

ああ、面白かった!
[PR]

by pac3jp | 2006-08-13 16:00 | 瀬戸内海周航  

<< 三日目 魚島篠塚港 夏休みクルージング 1日目 >>