5月2日 能美海の駅

c0041039_2224381.jpg

広島県西部の沿岸は朝から寒冷前線の通過で怪しいお天気だ。だがここは曇り空で微風。
大崎上島南の明石瀬戸を通過、上蒲刈島付近から同じハーバーの仲間が合流、フリートは又、6艇になった。

音戸の瀬戸にかかる頃から正面からNが吹き出した。ブローは25ノットはある。呉湾は白波で一杯だ。沖に3隻の新型輸送艦のシルエットが見える。

1330 6隻は「能美海の駅」の西側桟橋に着くが予定の桟橋に先着があり使えず、暗礁がある西側を指示される。
先導した1艇が小さなブイを見落としオンザロック。キールがロックする大きな音が辺りに響く。

再度、慎重にトライし各艇はそのコースを辿り桟橋へ、だがその桟橋の串桟橋が6mと短く、横風20ノットの中、通路側に横付け、横抱きする。

浮桟橋に温泉とレストランはあるが、桟橋も短く、暗礁もあり遠来のクルージングヨットにはお勧めできないと思う。

桟橋使用料は無料。トイレはロッジでお借りできる。 のうみ温泉 @600円
江田島旧海軍兵学校にはタクシーで2,000円。呉港の大和ミュージアムにはタクシーで小用港へ出て、高速船で20分くらいだろう。
[PR]

by pac3jp | 2006-05-02 22:02 | 瀬戸内海周航  

<< 4月3日 広島観音マリーナ 5月1日 大三島宮浦港 >>