クルージング先で見つけた面白い風景(1)

c0041039_9111896.jpg

 大分県国東市武蔵町。 つい最近、町村合併で武蔵町も市になった。

 海岸沿いの新しいバイパス道路を歩いていると数軒の民家の屋根全部に白っぽくて太いホースかロープのようなものが無造作に掛けてある家がポツポツと見えた。
 なんだろうと近づいて見るとやっぱりロープである。干してあるのかなとも思ったが、そうではないようだ。

 散歩中のおじさんにお聞きするとよく知らないがと前置きされて「この辺りは台風時の風が強いので瓦が飛ばないようにしてるのと違うかな」とおっしゃた。

 でも周辺の住宅全ての屋根にロープが載っているわけではないし、かなり長いロープが使われているので買うと費用もかなりかかる。
 常識的に考えて大量の古いロープを持っている職業は漁師さんだろうし、その廃物利用かな? と思いながら見ていたが・・・。ちょっと不思議。
[PR]

by pac3jp | 2006-04-24 09:05 | 瀬戸内海周航  

<< クルージング先で見つけた面白い... クルージング中のエンジントラブル >>