ドラゴンのコックピット

 かって、オリンピッククラスレーサーだったキールボートのドラゴン級が最近増えてきたのかなぁと感じている。ハーバーの沖でJ24クラスと一緒にレースをやっているのを良く見る。 乗っているのは年配のベテランレーサーばかりに見えるが、中には若手もいるだろうか。
 
 ずっと昔、シングルハンダーに乗っていた頃、強風で体力勝負のハイクアウトに疲労困憊しているとき、もしも、このフネにキールがあったら・・・こんなにシンドイことをせんでもええのに、と思ったことであった。
 当時、オリンピッククラス3人乗りキールボートはソリング級だった。ドラゴンよりも船型は新しいが普通のFRPヨットであった。ドラゴンはボクの行動範囲内で実物は見かけなかったので直接見比べたわけではないが、スマートなソリングの方がボク好みだなと思っていた。

 だが、数十年間海で遊んできて、ドラゴンを再び見ると今度は素晴らしいヨットに見えてきた。スピードだけで較べると速いフネは幾らでもあるが、船台に乗っているのを見ても素晴らしいと思えるヨットはそうはない。伝統ある船型、スタイルを守って長くレース活動しているクラス協会とメンバーに敬意を表したいところである。

c0041039_921159.jpg そんなレーサーのコクピットをチョット覗いて見た。なぜこんなにと思うほど多くのコントロールラインがコクピットやデッキサイドに集中している。真ん中のミドルマンというのだろうか、彼がこれらをハイクアウトしながらコントロールするのだろう。大変そうだなぁ。でもやっぱりしんどいのは狭いバウデッキで作業するバウマンか。 でもやっぱりしんどいのは艇全体をコントロールするヘルムスマンだよ!
 いやいや、レーシングディンギーはチームで試合をしているのだ。チーム内で甲乙は付け難いのだ。
 
 だが、艇のコントロールに失敗して、ロールオーバーしてしまったらどうなる。 まぁ確かにキールボートなので「チン」はしにくいだろうが、オープンコックピットなので海水が多量に入れば沈没してしまうかも知れない。だが、彼らは管理されたエリアで競技するレーサーなので心配はないか。

 この様にドラゴンを見ていると、ボクはこんな綺麗に磨き上げたフネに乗った彼らとレースすることは大分前から苦手だったことを思い出した。

 昔、レース中に下マーク付近で出会ったニスをピアノフィニッシュで仕上げてピカピカしたシーホースからボク達グループに「離れてくれ!」といわれたときから綺麗なボートと一緒のレースからは縁を切った。不可抗力で接触もするオープンレースで自分のフネだけを守ろうとしてレースするなんてとんでもない。そんなに大切なヨットなら床の間に飾っとけ。そんなやつが嫌いになった。

ドラゴンのコクピットを見ていて昔の変なことを思い出してしまった・・・。
[PR]

by pac3jp | 2006-03-08 09:44 | ウオッチング  

<< オートパイロットの自差 飛鳥Ⅱ >>