狭水道

 日本で潮流が速くて一番有名なのは最強時11ノットの鳴門海峡だろう。2番目は来島海峡。3番は大畠瀬戸。4番目は関門海峡の早鞆瀬戸だ。全て、瀬戸内海にあり、大型船も通過できる海峡である。だが、瀬戸内海にはその他の中型、小型船が利用する潮の速い狭水道・瀬戸も数多くある。

 海図に記載されている瀬戸内海の狭水道の呼び名のうち、「海峡」は5ケ所、「水道」と名が付いているのは22ヶ所あり、「瀬戸」の呼び名が付いているのは71ケ所もある。    ↓下の画像は音戸の瀬戸です
c0041039_942871.jpg

 名前も早瀬瀬戸、速吸瀬戸、早鞆瀬戸と“はやい”の字がよく使われている。だが、中には怖い名前が付いている瀬戸もある。
 「船折れ瀬戸」、クランク型に折れ曲がった狭水道で、入り口に岩礁があったりする。「鼻栗瀬戸」、瀬戸を行き会う船同士で擦れそうに狭い様を想像するような名前である。ちょっと離れたところに「鼻繰瀬戸」もある。
 小型船港湾案内を読むとこれらの瀬戸は「潮流が速く、危険なので初航者は通るな」なんて書いてある。確かに最大速力5~6ノットのヨットでは逆潮時では通れないし8~9ノットもある連れ潮に乗ってしまっても恐ろしい。

 こういう芸予諸島のような多島海の瀬戸も調べてみるとそれほど潮流が強くない瀬戸もある。ヨットの航海では多少遠回りになっても安全第一の航海をお勧めする。

 ボクはずーっと大阪湾と紀伊水道、播磨灘を主にヨット遊びを楽しんできたが、狭水道という面から見ると瀬戸内海東部方面は少ない。大阪湾には由良、加太、中ノ瀬戸の3ケ所。播磨灘と紀伊水道には鳴門の撫養、北泊ノ瀬戸(小鳴門)と牛窓瀬戸の3ケ所だ。

 ボク達のクルージングエリアは、面積では瀬戸内海の全体の約1/3を占めているが、備讃瀬戸より西の海域に比べて島の数が少ないため、「水道」は(全体の約9%)及び「瀬戸」(同じく約8%)共に瀬戸内海の中ではもう一つ愛想のない海域といえる。

 ボクが昔から持っている個人的願望だが、大阪湾に山のある島が欲しいと思っている。海上空港や、ゴミを埋め立てて造るヒラベッタク、用地が100%有効利用できるようなものでなく、大きさは紀伊水道にある牟岐大島くらいがいい。
 山の高さは200m位、岬に抱かれるように深い入り江があり奥には小さな砂浜がある。島の周りには小さな小島を配して大型船が近くを通らないようにする。勿論、島は瀬戸内海国立公園法で規制して建造物は必要最小限にすると共に周辺の海を漁労禁止区に設定し、ヨット天国にするのだ。こんな島を大阪湾の真ん中に造ってほしいなぁ・・・。

 何の愛想もない大阪湾にこんな島が出来たらホント楽しいよ。陸地とは大分離れているので潮流が瀬戸のようには流れなが、淡路寄リはかなり早くなるはずだ。もしかしたら○○水道なんて名前がつくかもしれない。

伝説によると・・・
天上の神々が男神・伊弊諾(いざなぎ)と女神・伊弊持(いぎなみ)に「地上はまだ漂うばかりだから、これを固め、国を造りあげよ」と命じた。伝説上ではこの頃の世界には大地がなく、どろどろの状態だったようである。命令を受けた伊弊諾と伊弊良は協力して天の浮橋(あめのうきはし)」から「天の沼予(ぬほこ)」でどろどろに荒れていた海原をかき回した。矛を上げたときに、矛の先から滴り落ちる潮が凝り固り島が誕生したという。そしてその島が「おのころ島(淡路島)」といわれる。

 神様がついでにもう一滴をポトンと大阪湾とおぼしき場所に落としておいてくれたらなぁ・・・とこんなことを考えながら無い物ねだりをしてみた。
[PR]

by pac3jp | 2006-03-01 09:09 | シーマンシップ  

<< 船を飾る バウスラスター >>