イルミネーションコンテスト

 クリスマスシーズンのヨットハーバーには毎年、電飾で華やかに飾ったボートやヨットが暗いポンツーンにポッポッと明るさを演出している。
 
 今年もビジターバースでイルミネーションコンテストが始まっていた。「参加することに意義がある」と何処かで聞いた事のあるせりふで知り合いのヨットがエントリーしているので応援を兼ねて見に行ってきた。誰も手伝ってくれず、一人で取り付けたと、ぼやき声にも聞こえたが、しっかりイルミネーションは点いていた。
c0041039_21514636.jpg 
 桟橋には8隻のヨットとボートが参加している。他に、自分のバースから出さないでエントリーしている人もいるらしい。せっかく飾ったのに皆と一緒に集まったらもっと賑やかになるのにと思う。

 あんたもやったら ・・・ボクはセンスがないから。  毎週末には練習が・・・。 理由は一杯あるが、一度もトライした事はない。

 イルミネーションも最低限の道具はハーバーが貸してくれるが、それだけではチョット寂しい。エントリー1番のボートは流石、気合が入ったデコレーションである。次の2番、3番も豪勢に輝いている。自宅でイルミネーションをする場合は電気代も気にしなければならないがここは使い放題だよ。だが、寒い桟橋は親子連れやカップルなどの観客はいるが賑やかと云うほどではない。

 あちこちでアマチュアカメラマンが大きな三脚を立てて撮っている。ボクはデジカメ手持ち撮影だ。最新の手ぶれ防止機能なんかは付いてない安い器材である。
 寒さでシャッターが押せなくてはいけないので?焼酎のお湯わりを2杯引っ掛けてきただけだある。やっぱり上手く写らない。焼酎が足りなかったかな。 
 シャッターはほとんど開放にして撮るのだろうと思い、桟橋の手すりにカメラを押し付けて何とか撮影するが、カットがなぁ~。もう一つやなぁ~。

まぁ、腕も悪いので夜の撮影で撮れなくても当然か。
[PR]

by pac3jp | 2005-12-26 21:57 | ウオッチング  

<< ヨットのコンパスは・・・ 友人の新しいヨット >>