ヨットマンは旗好き?

c0041039_845988.jpg
 ヨットに掲げられている旗も色々である。まず、日本国旗、クラブ旗、ハーバー旗、レース旗、オーナー旗、外人ゲストの外国旗、中には会社の社旗を揚げていたりする。

ご近所では在艇時にR旗掲揚で有名なヨットもいる。

 海で見る日本国籍で民間の本船やヨットも国旗を掲げている船は殆どいない。日の丸を揚げていたら右翼と間違えられたり、軍国主義者のように思われると感じるのは、国歌斉唱にも反対する日教組からの影響か?
 前に勤めていた会社には国旗、社旗、安全旗と3枚の旗が社屋の前庭に揚がっていたが、旗の責任者が40才代の人に代わって、いつの間にか国旗が揚がらなくなってしまった。この世代が国旗を揚げることの後ろめたさを一番感じているのかなと思っている。

 今、このハーバーで日の丸が翻っているのは堀江さんのマーメードだけだ。
まぁ、無寄港世界一周から帰ったままの展示物だから当然か。

 だが、旗好きは沢山いて、新しいグループが出来るとすぐに新しい旗を作っている。私が参加しているヨットクラブもクラブを立ち上げた時の第一番の事業はクラブ旗を作ることでしたね。注文する数が50枚と少ないので単価があがってしまい、@5,000円にもなってしまった。せめて、1,000円~2,000円で収めたいモンですね。
 ちなみに日本国旗は中サイズで一枚1500円くらいだし・・・。

 クルージングで外国や地方のヨットクラブを訪問するときに、クラブのペナントを交換する事が多いそうだが、ペナントも1枚5,000円もしたらそう簡単に上げられないね。

 レーシングヨットも旗好きが沢山いて、ハーバーの出入りに大きなファイティングフラッグをはためかせて航行している。勝っているときはかっこいいが、負けてしまったら揚げないオーナーも多い?。
c0041039_8454617.jpg

 画像は琵琶湖で活動する「mugen」さんの出陣の図である。フォアスティに黒とピンクに船名ロゴが入っている旗。スターンには少し小さめの幟が揚がっている。旗のデザインを選ぶ時なんかは、みんなでワイワイいいながら考えたりするのでしょうね。勿論、本番レースの日、艇の整備は完璧、順風にベストクルーが揃った日には皆んの気分は”はためき”大いに盛り上がるもんなんでしょうね。

あのぅ、成績不振で港に帰るときはどうしてはりますぅ?  
  ・・・今度、オーナーさんにお聞きしときまっさ!

 レース派ヨットはレース旗だが、クルージングヨットでオリジナルの旗を掲げているフネは少ない。初夏の頃、鯉のぼりを揚げているのは良く見る。これは日本らしさがあって外国艇にも人気があるが、日本人には季節感がありすぎて一年中は使えない。

 ロングクルージングの予定があるなら、艇名と日本一周などの文字をあしらった大きなフラッグを掲げておけば、無料で停泊できるマリーナがあるかも・・・。
[PR]

by pac3jp | 2005-12-09 09:01 |  

<< 「海の凪ぐ日」柳本波平 著 デッキ木部のメンテナンスをする >>