金刀比羅さん両参り

 遠州・森の石松のこんぴら代参は浪曲でも有名だが、大阪湾や播磨灘では新しい漁船を進水させたら金毘羅さんにお参りに行く習があるそうだ。ヨットやボートの場合もそんな習を踏襲していて新艇を進水させたら、金毘羅さんにお参りするヨットマン・ボートマンも多い。
 金毘羅さんの旗をつけて航海していると備讃瀬戸では地元の漁船も親切にしてくれると聞いて旗を買ってきた人もいた。

 先日、お隣のヨットがクルージング先でこういった話に詳しいヨット乗りから、航海安全の祈願は讃岐の金毘羅さんだけでは片手落ちで、もう一社、備前の由加神社もあわせて海上安全の祈願をしてはじめてご利益があるらしいと聞いてきた。

(ご参考に)
『ゆがさん・こんぴらさん両参り』と云われ、両社をお参りすればご利益が沢山頂けるという『両参り』の風習が広がり、今も全国津々浦々から信仰されております。・・とお宮さんはおっしゃっている。

 何にも知らない頃は、金毘羅さんのお札をマストに貼り付け、スターンのポールに丸金の旗を翻して金毘羅さんのご加護の下、安心してクルージングしていたが、どうも海上安全のご利益がすくないと聞いたら、少しは不安になってくる。
c0041039_1014323.jpg

 ボクは不信心なのか、正月の初詣でも3社参りなどはしたことはない。地元のお宮で充分と思っている。
 ボクと違って、信心深いといおうか義理固いというのか、お隣さんは倉敷まで出掛け、海上安全の祈願をしてお札と海上安全旗(青旗)を買ってこられた。不思議なことに海上安全のお札はお寺の瑜伽山蓮台寺で、旗は厄神さんの由加神社本宮で頂いてきたそうだ。神仏分業か、あるいは勢力争いか。この世界も大変だ。

 金毘羅さんを参拝し、今だ、由加神社を参拝していなくて「両参り」が気になるヨットマンは是非とも参拝をお勧めする。気にしながら遊ぶのは精神衛生上よくないからね。
 フネで行く場合、最寄の港は岡山県児島港だろうと思うが、確認はしていない。
[PR]

by pac3jp | 2005-11-15 10:24 | ウオッチング  

<< 寒くなったらフルドジャー! 上架整備をする >>