ヨットにつけるTVアンテナ

 沿岸をクルージングするヨットにテレビはニュースや天気予報を見るのに必要な情報機器?である。しかし、移動するヨットでTVをきれいに映すのが難しい。

 我が艇のアンテナは当初からデッキ裏に車用のダイバシティアンテナを取り付けていたが、大阪湾ではよく映っても地方の漁港ではまったく駄目な所もあった。

 テレビを良く映るようにするには高ゲインのアンテナを出来るだけ高い場所に取り付ける事だが、高ゲインのアンテナは指向性が鋭いので移動する乗り物には適さない。仕方がないので無指向性か素子の少ないYAGIアンテナになってしまう。低ゲインのアンテナは電源のいる受信アンプが必要になる。それに各地を巡航しながらの受信なのでVHFエリア、UHFエリアがあり、尚且つ電波の偏波方法までまちまちなので、アンテナの選定は大いに悩む。数年先にはTV放送は全てディジタル化してUHFになる予定?らしいけど・・・。

c0041039_939432.jpg

        (画像をクリックすると多少大きくなります)
 
 各艇、それなりに苦労しているだろう。一番多いのは(一番目立つ)マストトップやマストの中程に取り付けられた円形の無指向性アンテナ。2番目は、スターンのアンテナタワーやポストにレーダーやGPS,VHFのアンテナと一緒についている同じく指向性のない円形又はカップ型のアンテナ。3番目以降は外からは見えないがキャビン内に置かれた卓上アンテナか、キャビンの天井に吊ったU・V兼用のYAGIアンテナだろう。

c0041039_903215.jpg
  神戸港に停泊していた大成丸(画像、練習船6000トン)もローテーターに小さめのU・V兼用TVアンテナが付いていた。
 ハーバーの近くの泊地で200トンくらいのダグボートのアンテナを見ると、ブリッジの上にローテーター付きで普通の家庭用のU・V2本のTVアンテナが付いていた。ローテーターがあると高性能のアンテナが使えるので自宅と同じようにテレビが楽しめるがアンテナを回転させるスペースが要る。 モーターボートで同じものをここで見たことはある。
※ローテーター・・・アンテナを放送局の方角に360度回せる装置

 航行しながらBSやCS衛星から正確に電波を受信するアンテナもあるが高価(2400ドル位)だしアンテナのシステムにも電力が必要だ。メガヨットには付いているだろが、ボクのご近所では見たことがない。

 今回、諸条件と予算を勘案して、ウエストマリンでTriax UFO Marine TV/FM Radio Antenanaを買った。133.99ドル。これは直径30cmの無指向性のアンテナだがアンプも付いていて、FMラジオのアンテナ出力も取り出すことが出来る。これをスターンに付けたアンテナポストに取り付けた。高さは海面から4m弱だが、デッキ下よりマシの筈だ。

c0041039_94975.jpg
 先日、すこし涼しかった午前中にアンテナの取替え工事をして、テレビをつけてみるとアンテナがデッキ下の場合より大分映りがよくなった。大阪エリアで放送されている放送は全部はいるようになった。

近く淡路島の南の方に出掛けてみて試してみようと思っている。
[PR]

by pac3jp | 2005-08-30 09:12 | ヨットの艤装と艤装品  

<< 貿易風を突っ走れ! 台風準備をする >>