レーダーPC

c0041039_10245346.jpg
航海計器にレーダーがある。安全な航海には絶対必要な機器だ。プレジャーボートにもかなり普及している。
アメリカではレーダーPCが普及し始めた。アンテナはいるが表示装置はフネにあるパソコンが使える。  表示ソフトをインストールするとレーダーになる。日本では検定があるので使えない
そうだ。  航海用の機器は検定があって、合格したモノが船舶に搭載される事になっている。

最近、旧海軍で電気系の技術将校だった人が艦船に艤装される機器設計の苦労を書いた本を読んだ。そこで軍艦に取り付けられる電話の話が出てくる。嵐の海を高速で航海している時の機関や風の音に、戦闘中に砲声や爆弾の音に負けないで通話が出来なくてはならない。

通話を切るときもそう言う状況下なので荒っぽい。そういう状況を「武人の蕃用」と規定して壊れない様に頑丈に作ると書いてある。

商船に搭載される通信機も軍艦ほどではないが頑丈に作ってある。
その為に高価である。通信機能は一般民生用とそう変わらないが筐体の構造と検定によってより高くなってくる。

我々のフネは料金を取ってお客を乗せないし人の大事な荷物も運ばない、自分の楽しみの為にフネを浮かべている。全て自己責任で遊んでいる。出来るだけお金をかけずに、いっぱい楽しみたい。  船舶用品の検定は要らない、桜マークは不要だ。

ライフラフト・VHF・イーパブ・レーダーなどフネの安全を保証する機器は日本製の高い検定品を買いたくない。実績のある欧米のメーカー品を使いたい。同じ金額ならもっと良いものが買えるから。

それに桜マークの商品はどことも定価(値引きなし)になっている・・・これもおかしい?
桜マークは検定マークだが各個の商品の差はあるはずで販売店で値引きをしないのは国交省の指導かな?
[PR]

by pac3jp | 2005-06-13 10:28 | ヨットの艤装と艤装品  

<< 各地方の強風・波浪注意報基準の... バウスプリット考 >>