いつも時化で逃げ込む三机港です

c0041039_10393534.jpg

4月4日 前線通過の日和待ちから大三島、宮浦港を出港。波のない斎灘を南下、松山沖から西が吹き始め、コースは上りになってきた。波は徐々に大きくなり、しぶきがデッキを洗う。
前に三机港に入った時も40ktの風だったなぁ と思い出しながら岬を回り三机港にアプローチする。

港内は広く、正面の公共岸壁に槍付けする。しかし港内も風が舞って安定しない。アンカーも効きが悪そうなので、再度打ちなおす。両舷スターンから振れ止めを取り、係留完了。
暫くすると漁船が2隻帰ってきて、トラックに大きなスズキなどを水揚げをしている。

太平洋戦争の真珠湾攻撃で出撃した特殊潜航艇の乗組員の慰霊碑があるので見学する。
ここの地形が真珠湾に似ている為にここで訓練をしたとか・・・。

燃料補給と、すぐ前の松本旅館でお風呂を頂く。 一人500円だった。
[PR]

by pac3jp | 2005-04-04 16:36 | 九州周航  

<< 九州の第一歩は別府温泉から 大三島 宮浦港にて >>