壱岐 芦辺港です

c0041039_8312440.jpg

4月13日 対馬厳原から北東の風20~25kt 波高3mなかアビームで豪快に6時間に渡りセーリング。
壱岐の芦辺港に入る。ここは高速船の浮き桟橋の右側が係留可能だ。
北東から北に振れる風の為、ビームアンカーとバウから岸壁に増しもやいを取る。
これでフネが桟橋から離れて安心だ。

暫くすると壱岐を案内してくれる方が来られ彼女のマイカーで島内をくまなく説明付きで案内してもらう。ラッキー!

港から徒歩範囲に大きなダイエー、飲食店、風呂は公営施設つばさで200円。
トイレは港にきれいなのがあります。
後ろのヨットは小豆島の琴塚から出て韓国や北九州をクルージングされているそうです。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-14 08:31 | 九州周航  

<< 唐津市 佐賀県ヨットハーバーから 国境の島 対馬 厳島港から >>