練習船「深江丸」を見学する

 神戸港の東はずれにある神戸大学海事科学部の専用港に停泊している深江丸の外観は良く見ていたが、船内の見学をする機会がなかったのだが、昨年、深江丸船長の矢野先生の「地文航法と天文航法」という難解?な講演のあと、希望者に深江丸の見学をさせて下さることになりボクも初めて見学乗船してきた。

c0041039_1216143.jpg

全   長:49.95m
型   幅:10.00m 深さ:6.10 喫水:3.75m  
総 トン数:449トン    
航行 区域:近海区域

航海速力:12.5ノット    
航続距離:3,000海里  
最大搭載人員:64名(船長・機関長・士官4・部員6・教官4・学生48)

主 機 関:4サイクルディーゼルエンジン×1基  
機関 出力:最大1,100kW (1,500HP)×720rpm  
発 電 機:ディーゼル発電機(250KVA×1,200rpm)×2基・軸発電機(250KVA)×1基  
推 進 器:4翼可変ピッチ スキュープロペラ×1/直径2.10m(一軸左回り)  
横移動装置:バウスラスタ(推力1.5トン)×1・スタンスラスタ(推力1.2トン)×1
 
c0041039_1216556.jpg

 見学はまず、定石とおりブリッジからとなった。画像は操舵コンソール左側に可変ピッチプロペラ(CPP)の制御レバーが見えている。

c0041039_12171959.jpg

 コンソールの前面窓からリピータこしにバウ甲板を見る。

c0041039_12174880.jpg

 右舷にはチャートテーブル、背後には国際信号旗の収納箱が設置されている。

c0041039_12182876.jpg

 ブリッジ内後部に機関制御コンソールが設置されている。

 上甲板から順次見学し、機関室に入る。今まで行った各種船舶の見学では殆ど機関室までは見せてくれなかったがここではエンジンのそばで色んな説明を聞いている人もいた。
 ボクも500トンクラスの練習船の機関室の設備概要などの知識がないのでただ眺めていただけだったが、大型船舶などにはよく装備してあると聞いていた軸発電機があったのにはちょっと驚いた。それも主機が1,100KWなのに250KVA の軸発電機が接続されているという。
 それに機関室に立派な電力制御室があることも気が付いた。

c0041039_12191930.jpg

 主機 ダイハツ 6気筒 1,100KW

c0041039_12194686.jpg

 軸発電機 富士電機 3相×225V 250KVA

c0041039_12204656.jpg

 電力制御室 発電機3台と非常用1台の合計750KVAの電力を統合して運用しているのでしょうか。

 船長さんに軸発電機の使用状況をお聞きすると「主に港内で使用する」との返事。港内航行で主機のパワーに余裕がある時に発電するのだろうと思っていたのだが、接岸作業にはバウスラスタやスターンスラスタを作動させるし、係留ウインチなども電気をよく喰うのでその補完かもしれないなぁ・・・とも。

 そういえば、軸発電機は推進用電動機にもなるので250KVAのDG1基の電力だけでも港内くらいは充分航行できるのだろう。そのためにパワーエレクトロニクスシステムが電力制御室にあるのだろう。
 たしかに深江丸は海事大学の練習船で学生の訓練や教材に必要な装備を搭戴しているので一般の500トンクラス船舶とは違って当たり前なのだと合点がいった。

c0041039_12221389.jpg

 最後に教室で全般的なお話を聞く。今年の神大海事科学部卒業者の就職率は理系大学では全国トップの成績だったとか・・・。
[PR]

by pac3jp | 2012-01-27 12:22 | 特殊船  

<< 姫路のお殿様の豪華ヨット?(2) 新しい南極観測船「しらせ」を見... >>