新しい南極観測船「しらせ」を見学する(3)

 海外からやってくるクルージングボートを訪問すると、彼らが過去に航海してきた地域を説明する時必ず地球儀を持ち出して教えてくれる。その地球儀が「ビニールふうせん」やボールなどサマザマで彼らの個性がでていて面白かったものでした。
 しらせのブリッジでも面白い地球儀を見つけた。

c0041039_1440487.jpg

 南極大陸がよく見れるように南北の地軸が横になった地球儀で見学者に航路の説明をされている。こんな地球儀は売っているのかと愚問を発したりしていたが、地球儀で南極をグルット眺めたのはこれが初めてだった。

 そして手持ちの電子チャートでリッツォ・ホルム湾のオングル島を表示してみるとさすがに付近の物標の名称は日本語読みのものが多いのに気が付いた。画像はオングル島付近の図だが詳細図はなかったのが残念だが、▲マークが公表されている昭和基地の座標と合う。左の方に弁天島が見える。付近の水深は50mくらい。(クリックすると少し大きく見えます)

c0041039_1571778.jpg

 定着氷縁から一年氷帯まで27マイルを3日で突破したが、多年氷帯の21マイルは厚い氷と積雪があるので、しらせは一回のラミング砕氷でたった10m~20mしか進出きず、10日を要しながらも弁天島をポートにみて連続砕氷が可能なオングル海峡側から昭和基地に接近したという。(H21.12)

c0041039_14422235.jpg ←画像 ブリッジの背面にヒーリングポンプの制御盤があった。両舷に設置された燃料タンクの燃料をポンプで片方に移動させて艦体をヒールさせて砕氷する装置かなと思っているが、3万馬力で押しつぶす方が手早いのできっと停泊時の結氷対策か予備の手段でしょうね。

c0041039_14433125.jpg

 しらせは輸送業務だけでなく海洋観測支援も業務のうちなので、艦体の揺れを抑える減揺タンクが装備されている。これは砕氷には関係はないが、波の高い外洋での海洋調査を実施するときに艦の揺れを抑える役目で結構大きなタンクが両舷に設置されている。

c0041039_1444174.jpg
 第一甲板の左舷艦尾に小さな危険物タンクが設置されている。良く見るとスタンションの外になっていてタンクの固定装置が緊急時にはリリースされるようになっている。ナゼだろうと思い近くの乗員にお聞きすると、タンクはスノーモービル用のガソリンタンクで、しらせにはたったこれだけの量しか積載していないらしいが、火災になるとこれでも大変危険なのでタンクを海上に放棄するためにそうしてあると教えてもらった。
 確かにガソリンは重油や軽油に較べて引火性が強いので慎重な扱いだなと感心しながら自分がとってきた安易な保管方法を反省したものでした。

c0041039_14525628.jpg

 飛行甲板がある01甲板にはライフボートが6隻ダビットに吊り下げられている。良く見ると吊上げウインチから舷側のスライドガードまで細いワイヤーに繋がったハンドルがついている。ここでライフボートを着水させる作業を操作するのだろうか。どうも電気がこなくても動かせるようになっているみたいなどと勝手に想像しているのだが・・・。

c0041039_1453304.jpg どの護衛艦にも艦名にゆかりのある神様を祭った神棚がある。「しらせ」には富士山本宮浅間大社のお札が祀ってあった。
 南極観測船は宗谷が海保の巡視船だったが、その後は海自が運用するようになった砕氷艦「ふじ」からの伝統で一隻しか持たない砕氷艦の神棚は代々富士山をご神体として祀っている浅間大社になっているのでしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2011-10-16 15:02 | 特殊船  

<< 練習船「深江丸」を見学する 新しい南極観測船「しらせ」を見... >>