ヨットハーバーの春

 2011年2月末、ちょっと寒い日もあるがもう春がそこまできているという休日、久し振りに新西宮ヨットハーバーを訪れると今年もロングクルージングを目指すセーラーたちが艇の整備に余念がない。そして、もう4月になれば今年のクルージングシーズンが始まるのだ!

 いつもお世話になっているDreamさんに寄ると、今年の旅は北に向かう計画でガスの多い北の海に対応するレーダー、AIS、25Wの国際VHFなど電子航海機器関連の整備にベテランの助けを借りながら熱心に取り組んでいらした。

c0041039_1232463.jpg 左上画像はステアリング前の計器パネル裏の換気用ファンの取り付け中で、これは大事なGPSナビの熱暴走を防ぐためという。いまや紙チャートで航海するヨットマンは少数派になってしまいましたね。

 計器パネル上に乗っかっているのはレーダーのディスプレーですが、不安定なので今後パイプフレームで補強される予定。

 左下画像 スターンのアンテナポストには各種アンテナが林立?しています。左から国際VHF・GPS・FM/AMラジオ・AISとなっている。マストにもレーダーアンテナがセットされている。スターンは昨シーズンまでドナルドダッグだけが頑張っていた場所なのにえらい変わりようです。
 でも、電子航海機器は取り付けただけでは駄目で使いこなしてこそ有用になるので船長さんはこれからはレーダーやAIS、それにパソコンの操作の習熟など頭の痛い仕事が増えそうですね。

 このところ新西・ピアネットワークでは沿海装備で行けるようになった沖縄方面が人気で今年も3隻~4隻で船団を組みクルージングすると聞いている。先遣隊が昨年から宜野湾マリーナに滞在しているので沖縄周辺の水先案内?にも不安がないからかな・・・。

 まあ、後から出かけるほど航海情報も増え安心ではありますが、海況は情報通りには行きませんの皆さん、安全第一に楽しんできてくださいね。


【関連記事】1:ヨットの船首像? 
      2:ヨット用?ガーデニンググッズ 
[PR]

by pac3jp | 2011-02-27 12:07 | ウオッチング  

<< 船舶の解体 「シー・シェパード」の活動家は... >>