「はやぶさ」帰還カプセル特別展示 in KOBE

c0041039_14182812.jpg やっと神戸にも、あの「はやぶさ」の帰還カプセルがやってきました。

 早速、2011年1月27日、開催初日に神戸港・ポートアイランドにある神戸市立青少年科学館で特別展示されているカプセルの見学に出かけた。主催者は混雑を予想して通常の入館コースとは別に遠回りのアプローチを設定していたが平日の木曜日なのでスムースに見学することが出来た。入り口左手の円筒形の建物にプラネタリウムシアターがある。

 新館4階の展示会場は一方通行で、見直すために後戻りすることは出来ない不便なルール。係員が解説してくれるがある程度の予備知識がないと分り難い。それに特別展示品はロープと床に張った立ち入り規制テープの外からの見学となり、遠くから眺める感じで視力の落ちたボクにはちょっと辛く、小型の双眼鏡が欲しかったなぁ。

c0041039_1419199.jpg 前面ヒートシールド
 コメント:秒速12kmという速度で大気に突入するカプセルは15MW/m2、スペースシャトルの30倍という厳しい「空力加熱(くうりきかねつ)」に晒されます。空力加熱は機体に衝突して急にせき止められた空気が高温になり、機体を加熱する現象です。この3,000度もの空力加熱から機体を守るのがヒートシールドの役目です。ヒートシールドはアブレータという熱防御をするための炭素繊維強化プラスティックからできています。
 ヒートシールドの裏面(インスツルメントモジュールに触れる内側部分)に敷き詰められた白い綿状のものは断熱材で、外からの熱が内部に到達するのを遅らせます。前面ヒートシールドは、背面ヒートシールドと一緒にパラシュートを開く際に分離され、そのまま地上に落下しました。過酷な空力加熱を経た後、さらに秒速40m/sで地上に激突したはずですが、思いの外、損傷もなく奇麗な状態で発見されています。本体の下に鏡が置いてある。この展示物はレプリカでした。

c0041039_1420513.jpg 背面ヒートシールド
 コメント:背面ヒートシールドは、別名パラシュートカバーとも呼ばれます。ヒートシールドとして背面側の加熱から機体を守る役目をすると同時に、パラシュート開傘時には、パラシュートを引き出す役目もします。分離後カプセルが単独飛行しえいる際の温度を解析予測しやくするため、アルミを蒸着したカプトンテープが貼付けてありましたが、再突入をした後は、特にその合わせ目部分を中心に模様のようにテープが燃え残っています。

c0041039_14205819.jpg パラシュート
 コメント:パラシュートは、サンプラコンテナを含むインスツルメントモジュールに接続され、これを緩降下させます。強く、軽く、そして容積をとらないよう、ポリエステル製の十字形状の傘体(布の部分)が採用され、パラシュートが開く際に絡まったりしないよう、十字以外の部分はネットで張られています。カプセルは計画通り高度約5kmで開傘し、十数分かけてウーメラ砂漠に着地しました。インスツルメントモジュールが風に引きずられて損傷するのを防ぐため、パラシュートは着地直後に分離されましたが、実際には無風であったため、すぐ脇に留まった状態で発見されています。

c0041039_14213897.jpg インスツルメントモジュール
 コメント:インスツルメントモジュールの上部は、そのままカプセルの背面にあたるため、耐熱材料である支持アブレータ、サンプラアブレータで守られています。中心部には、イトカワサンプルを入れておくための円筒状のサンプラコンテナ部があり、その周囲に搭載機器部が配置されます。パラシュートはそれらを取り囲むようにドーナツ状に収納されています。
 一番下には、錘(おもり)付きのひものようなビーコンン発信アンテナがぶら下がっています。内部には再突入カプセルとしての様々な役目を果たす心臓部である電子機器が収められています。

c0041039_14222989.jpg 搭戴電子機器
 コメント:はやぶさからの指令を覚え、再突入カプセルとしての様々な役割を果たす心臓部です。

 小惑星イトカワの微粒子サンプルを格納してきたカプセル。左はカプセル外観。右はカプセルを上から覗いた画像。この部品の展示はありません。

c0041039_14295165.jpg


 約7年の宇宙旅行を終え、無事に地球へ帰還したカプセルの見学を終えると1階のプラネタリウムシアターで「HAYABUSA-BACK TO THE EARTH-帰還バージョン ディレクターズカット」を鑑賞する。実物を見たあと心地よいシートにすわり、天空を飛ぶ「はやぶさ」の長い冒険旅行の物語にもすっかり感動した。

下のCG画像は地球からスイングバイしてイトカワへのコースに乗る「はやぶさ」とイトカワに着陸しサンプルを採取しようとする「はやぶさ」。

c0041039_14303397.jpg


展示物は撮影禁止だったので画像・コメントはJAXAのフォトアーカイブからお借りしました。

【関連記事】:ウーメラ砂漠から「はやぶさ」のカプセル回収作業完了!
[PR]

by pac3jp | 2011-01-31 14:53 | 航空・宇宙  

<< 中国 最新の深海調査船「蛟竜」 日本の船(海から見た日本史) ... >>