明石海峡の潮流発電テストプラントのその後

 今年の6月末から明石海峡に面した淡路・岩屋港沖で潮流発電プラントの実証実験を行っているはずのノヴァエネルギー社のその後テストは順調に進んでいるのかなと少し気にかかっていたのだが、先週、地元新聞が岩屋沖の潮流発電用タービンが一基流出したと以下のように報道した。



 潮流発電タービンが流出 淡路島沖、海保が警報 

 15日夜、潮流発電を研究する神戸市中央区のベンチャー企業「ノヴァエネルギー」から「淡路市岩屋港沖の発電用タービンが流失した」と神戸海上保安部に通報があった。漂流するタービンとの接触事故の懸念もあるため同保安部は同日から16日にかけ付近を航行する船舶に注意を呼び掛け、捜索したが見つからなかった。

 同保安部などによると、流されたのは潮流を利用して発電するタービン2基のうち1基。直径3メートル、長さ6メートルの繊維強化プラスチック(FRP)製で、タービンに取り付けたプロペラが海中の潮流を受けて回転し、発電する仕組みだという。

 同社は6月から実用化の実験を開始。二つのタービンを漁船の側面に装着して海中で稼働させていた。15日午後8時ごろ、社員が確認した際は異常はなかったが、約1時間後に再度確認したところ、2基のうち1基が流されていたという。

 通報を受けた保安部は同日午後11時45分から明石海峡付近の船舶に対し、地域航行警報を発令。捜索するとともに周辺の漁協にも漂流物に注意するよう呼び掛けた。

 同社は「海面の揺れが激しかったため、接合器具が損傷したのかもしれない。器具を付けたまま流されており、海底に沈んだ可能性が高い」と説明している。同社は2基のうち異常のなかったタービンを岩屋港にえい航し、発電を中止した。
(神戸新聞Web版)




 ノヴァエネルギーの本社は確か2010年6月時点ではは兵庫・三木市となっていたが現在は神戸市中央区のビルに移転しているという。こちらのほうが諸事便利なんでしょうね。
 一度は岩屋港沖まで見学に行きたかったが未だに実現していない。実はボクの地元専用取材車はミニバイクなので「たこフェリー」の航路撤退で当分は淡路島方面の取材は難しくなった。でも春になれば新しい?フェリーが就航するかも・・・に期待しよう。

 でもWebで検索すると、遠い関東エリアの茨城県議会議員である井手よしひろが岩屋の潮流発電テストプラントを訪問取材したYou Tube動画が出てきた。どうもノヴァの社長さんが茨城県のご出身ということの縁らしい。




【関連記事】:明石海峡でベンチャー企業が潮流発電を試す
[PR]

by pac3jp | 2010-12-23 16:00 | ウオッチング  

<< 2011年 またも騒がしくなっ... 『ヨットデザイン原論』Lars... >>