中世 瀬戸内海の海賊 海賊に遭遇

 波静かな瀬戸内海は大昔より物流の大動脈だったが、中世に入り商品の流通が活発になり海運業が盛んになってくるとそれに伴い海に関わる人々も多くなってくる。そして芸予諸島・防予諸島など多くの島々が集まる海上交通の要衝には「海の民や海の領主」としての海賊がいた。
 海上武装勢力として瀬戸内海の広い範囲に勢力をもつ海賊とは別に、浦々にも自分のテリトリーを持つ小さな海賊もいて各地で活発に活動していた。

 中世・瀬戸内海の船旅でそんな海賊に遭遇した記録を残している人物がいた。
 京都・東福寺の梅霖守龍という僧が寺の荘園がある山口県・徳地に年貢の督促のために出張した時の日記である。(梅霖守龍周防下向日記)

◎1550年(天文19年)9月14日 堺より11反帆(100~200石積)の船に乗る。船頭は塩飽(塩飽諸島の本島)の源三だった。乗客は300人もいて「船中は寸土なき」状態だったというが、さて、どんな人々が乗っていたのか大いに興味が湧くなぁ。

◎備前・日比沖で海賊に遭遇。
賊船一艘来たり、本船と問答す、少焉賊矢を放ち、本船衆これを欺いて鏃をならべ鉄炮を放つ、賊船疵を蒙る者多く、しゅゆ(すぐに)にして立ち去る、同申の刻塩飽浦に着岸して一宿に投ず

 一隻だけの海賊と通行料の談判が決裂し、攻撃されたが本船からの反撃で負傷者をだし早々に退散してゆく海賊。ある程度の武装はしているようである。日比と本島は距離にして8マイルほどなので当時でもごく近いと思うが海賊のテリトリーがもう違うのだ。

守龍さんは運悪く帰りの航海にも海賊に遭っている。
◎1551年(天文20年)4月1日 七ヶ月滞在した周防からの帰路 宮島から「室の太郎太夫」の船に乗る。堺までの船賃は300文で従者は200文を支払ったという。

羊の刻(午後2時)関の大将ウカ島賊船十五艘あり、互いに端舟を以って問答することひぐれに及ぶ、夜雨に逢いて蓬窓に臥す、暁天に及び過分の礼銭を出して無事

 安芸の竹原沖で「関の大将ウカ島賊船十五艘」と遭遇、15隻と多数の海賊にとり囲まれたため船頭は小舟を出し午後2時から翌朝まで海賊とねばりにねばり交渉し、多めの礼銭を支払うことで決着し航海を続ける。

室:播磨・室の津
関:瀬戸内海で海賊は通行税を取る?ので「関」と呼ばれていた。
  上関、中関、佐賀関、下関など関と名がつく場所は通行税をとる海関があった跡。
ウカ島:尾道市岡島?

c0041039_14595042.jpg

↑中世の海船 準構造船で莚帆と木碇、櫓棚がある。(石井謙治「図説和船史話」による)

 1575年(天正3年)薩摩の戦国大名島津氏の一族、島津家久一行30人ほどが伊勢参りのために瀬戸内海を旅した記録がある。

◎彼等一行は2月に本拠地である串木野を出発。九州は陸路を、赤間関から船旅になるが順風が吹かず山陽道を陸路で安芸・厳島へ、参拝を済ませ陸路で備後・鞆に向かい4月2日に到着。ここから西宮までが船旅となる。

◎一行を乗せた客船は鞆を出航して塩飽(本島)に入り3~4日風待ちをし、5日の午後に船出する児島の沖に掛かると「ひひ(日比)の関」)、「のうしま(直島か)の関」が相次いでやってくる。島津一行は「いつれも舟頭の捌候」と書き記してあるが、おそらく船頭がその度毎に海賊に礼銭をはずんだのだろう。

◎その日は直島に停泊し翌早朝に出航した。やがて牛窓の沖にさしかかるとここでも「関」が兵船一艘でやってきた。牛窓も海賊の根拠地の一つだったのだ。ここも船頭の捌きで何事もなく収まり、一行は牛窓見物した。その夜は日生の大多府島に船掛りし、翌日は赤穂・坂越、相生・那波等を経て播磨の室津に停泊した。

◎室津では船頭が明石へ上乗りを頼みに行ったため1日停泊を余儀なくされる。どうも播磨・室津が東西海賊の縄張りの境界だったようだ。

◎上乗りの海賊はやってきたが順風が吹かず長い停滞に、それに時代は戦国なので到着地の堺が三好勢と信長の軍勢が戦う場になり、船の運航は室津で打ち切りになってしまうが、相客同士で淡路・岩屋船を借り切り旅を続けることになる。

 相客は宗教系の熊野衆、高野衆、それに武士の日向衆、堺・兵庫の商人たちと多彩な人々が瀬戸内海の客船に乗り合わせていた。長い停滞には互いに酒を飲み交わし、困難に当たれば力をあわせて乗り切ってゆく、そんな船旅をしていたようだ。

 梅霖守龍が瀬戸内海で海賊に遭ってから25年後の1575年の島津家久の船旅にもちゃんと同じ場所でローカルな海賊たちが通行料を要求している。しかし、その後13年が経ち、戦国は終わり豊臣秀吉が天下を統一して1588年(天正16年)に刀狩令と同時に海賊禁止令がでて最早規模の大小に関わらず海賊たちが自由に活動できる海はなくなってしまった。


【参考文献】:「中世 瀬戸内海の旅人たち」 山内 譲著 吉川弘文館
[PR]

by pac3jp | 2010-11-29 15:15 | 歴史・民俗  

<< 三島水軍 海賊流車輪船図など 中世 瀬戸内海の海賊 其の1 >>