いろは丸事件と坂本龍馬

 今年(2010年)はNHKの大河ドラマで「龍馬伝」が放送されている。10月17日(日)には「いろは丸事件」が起こる場面があると言う前日の土曜日に神大海事博物館主催の「いろは丸事件と鞆・坂本龍馬」と題する市民セミナーが開かれた。講師は福山市立鞆の浦歴史民俗資料館学芸員の園尾 裕氏。

 この事件は我が国最初の汽船同士の海難事故だったし、有名な「いろは丸」がどんな船だったかや、その賠償の経過など最新の情報にも興味があった。

 まず、今年4月、旧大洲藩主加藤家のご子孫が長らく秘蔵されていた「いろは丸」のポルトガル語の売買契約書などが公開され、東大で解読されたことによって以下、従来説と違った「いろは丸」が見えてきた。

◎1862年 スコットランド・グリーノックで建造  
 鉄製、三本マスト、蒸気内車(スクリュー船)45馬力 
 全長:47m 全幅:5.2m 深さ:約3m 積載量:209.16トン
 船名:アヴィゾ号 母港:マカオ

※従来は外輪船と思われていた。それに深さが3mとなっているが吃水の間違いかもしれない。

◎1863年 薩摩藩が英国商人グラバーから購入 船名:安行丸

◎1865年 薩摩藩の五代才助がマカオ生まれのポルトガル人ロウレイロ(デント商会)に安行丸を売却

◎1866年 薩摩の五代才助の世話で大洲藩主の代理人国島六左衛門が在長崎ポルトガル領事から約一万両で購入。契約書の船名:イロハマンス
※従来は同じく五代の世話でオランダ商人から七万ドル(42,500両)で購入とされていた。

 また、6月には長崎歴史民俗資料館の松永館長が「長崎の海と船展」の準備中、いろは丸と思われる絵図を見つけた。その史料は長崎港外の深浦亀ヶ崎で入港する船舶を絵図で記録していた佐賀藩士がつづった記録誌「白帆注進外国船出入注進」(鍋島報效会所蔵)に掲載されていたという。

 ちなみにこの記録誌は広島県立歴史博物館で「幕末の動乱と瀬戸内海」という展示会で公開されている。11月23日(火・祝)まで。

下の図が新たに見つかった「いろは丸」

c0041039_10385150.jpg

「いろは丸」と特定した理由は
1.史料の前ページの記事に「四国船」との記載がある。10月24日に長崎を出港とあり年号の記載はないが前後に慶応2年の「長州征伐(第二次)」の記載があるため同年に描かれたとした。
2.メインマストトップに赤地に白の蛇の目の旗が見えるがこれが大洲藩加藤家の家紋である。
3.大洲藩がポルトガル人から船を購入したのが慶応2年6月。同年9月に大洲藩内の長浜港に着船したあと、一旦長崎に戻り、11月に長浜港に寄港したという記載が「いろは丸終始顛末 豊川渉日記抜抄」にあり、時系列的にも合う。

 慶応3年(1867年)4月23日午後11時頃、濃霧の備讃瀬戸西側、六島沖で紀州の明光丸と衝突・沈没したわけだが談判の席で龍馬が万国公法を持ち出し交渉に当たっていたというが当時の万国公法に現在の「海上衝突予防法」などに類する海上交通の規則が記載されていたのかな・・・。

◎慶応3年(1967年)5月22日 総合的な交渉力に勝った土佐藩が紀州藩から賠償を受け取ることになった。
[証書内容]
■賠償金額        83,526両198文
■いろは丸沈没につき船代 35,630両
■積荷物等代価      47,896両198文

◎慶応3年(1967年)10月19日 龍馬の代理として中島作太郎が長崎で紀州藩の山田伝左衛門と会談し賠償金を13,000両余り減額し70,000両で決着の和解が成立する。

◎11月7日 紀州から土佐藩に賠償金が完済される。

◎11月15日 坂本龍馬、京都近江屋にて暗殺される。

◎12月30日 佐々木三四郎、賠償金のうち15,345両余を海援隊一同に分配する。
      大洲藩へ船価・海援隊貸し金の合計42,500両が返還される。

 賠償の流れを見ていると「いろは丸」の船価や積荷が高いこと、積荷が砂糖や米だったらそんな高額にはならないので、一説によると諸藩に売り捌くための武器弾薬などを積んでいたとかいわれていた。

 賠償金の分配を単純に計算すると土佐藩の取り分が12,155両になりしっかり稼いでいるし、大洲藩も1万両で買い入れた船を傭船に出した先の損失で充分元をとったという感じだなあ。

 沈没場所は特定(北緯34度16分46秒・東経133度28分40秒)されているし水深も20mくらいなので前後2回調査されているが、丁度、瀬戸内海の幹線航路に当たるのと海底にヘドロが2mもあり水中の視界が悪く遺物もたいしたものは上がっていない。大物のスチームエンジンやボイラー、腐食に強いブロンズのプロペラなどもまだ見つかっていない。それに運んでいたかもしれない銃器のかけらもなかったようだ。

 当時の談判史料から現在の「海上衝突予防法」に照らして調べた研究者によるとどうも坂本龍馬の「いろは丸」に歩が悪い判定になっていますね。

【参考資料】:いろは丸事件と鞆・坂本龍馬 講演資料より
[PR]

by pac3jp | 2010-11-03 10:47 | 歴史・民俗  

<< クラシックな木造ヨットの修理 有人潜水調査船「しんかい6500」 >>