ヤンマーの【KMG65E】フライホィール発電システム

 セーリングクルーザーに搭載される新しい航海機器・情報機器に加えて快適な環境を求めるユーザーも多くなりヨットの電力需要は高まるばかりだ。そしてその対策には大型のオルタネーターの増設や専用の発電機を搭載することで対処してきた。

 でもオルタネーターの増設にはエンジンルームのスペースの問題があり、専用発電機は別のエンジンを搭戴するため、そのスペースと給水・排気・燃料系などが必要だし、パンダなど小型ジェネレーターは防音ケースに入っていても結構うるさい音がする。

 ヤンマーからセーリングクルーザーの36F~42Fクラスに推奨されるディーゼルエンジンで3JH4E(39HP)と4JH4(54HP)の2機種でセールドライブにも対応し、最大6KVAの出力を持つ小型フライホイール発電システム「KMG65E」をオプションでセットすることが出来るマリンエンジンがヨーロッパで発売されている。

c0041039_89713.jpg

 ↑画像にあるようにエンジンとギヤBOXとの間に組み込む。大きさは 320×360×145ミリメートルで重さは20.5kgのユニットだ。シャフトドライブタイプはサインカーブACの230V-3KVAを2セットまで、6KVAの出力が取り出せる。SDタイプは1セットの3KVAのみになる。
 画像のエンジンはユニットが別の塗色になっているが実物は本体と同色に塗装されている。

c0041039_893240.jpg左図は「KMG65E」1台の出力カーブ図です。

■1000rpmで4A(0.92KVA)
■1500rpmで8A(1.84KVA)
■2000rpmで12A(2.7KVA)

■2100rpm以上で3KVAのフル出力が得られる。

 ボクのお仲間がメインエンジン(ヤンマー3YM)駆動の2KVAの発電機をエンジンルーム下に取り付けエアコンを使っているが主機を1800RPMくらいで回すと充分冷房効果は有るとのことだ。勿論電子レンジもOKです。
下の【関連記事】ご参照ください。

 今回この新しいジェネレーター内蔵のエンジン(4JH4AE)を搭載したセーリング・クルーザーがXヨットから「XC42」として新発売された。

 船内の電源がヨーロッパ系の230Vとなり、アメリカや日本の家電を使うにはダウントランスが必要になるが、やがてアメリカ市場向けの110Vタイプも現れるだろう。

 電力に余裕があるとエアコンのほかに長いクルージングに出ると欲しいのが全自動洗濯乾燥機だ。いつか「HR46」に装備されていたのが230Vタイプだったのでヨーロッパではフネやモービル用の洗濯機があるのだろうかと思ったことがあったなぁ。

まあ、贅沢に家電が使えたら快適だが、これらは全て燃料を消費して得るものだと意識して・・・などはいらぬお節介かな。

【参考Web】:KMG63Eジェネレータの紹介(PDFファイル)
【関連記事】:オルタネーターの増設を考える(3)
[PR]

by pac3jp | 2010-09-30 08:22 | ヨットの艤装と艤装品  

<< 10月16日(土)「ちきゅう」... アカシヨットの今井勉さん逝く >>