ヨット用のUVグッズあれこれ

 ヨットハーバーのポンツーンを歩いているとあちこちでドジャーやビミニ、デッキカバーなどUVクロス製の装備品が目に付く。クルージング志向のヨットに多いようだ。中には手作り風のUVグッズを見かけることがある。

c0041039_12422122.jpg


■左はスターンに取り付けたポール先端に有名キャラクターが取り付けてありますが・・・。
■右側上は割合簡単に作れるウインチカバー。
■右側中は船外機カバー、コントロールレバーまでカバーしてある完璧型。
■右側下は50fヨットのスターンに収納されたエンジン付ボートのカバー。

 元々、紫外線劣化が心配なヨットの艤装品にUVカバーを掛けるのが多かったのですが、最近、桟橋側の備品であるホースリールまでカバーをしているオーナーがいらした。
 いつも桟橋に置きっぱなしの安いプラスチックのホースリールはUVでリール本体は勿論、ホースまで劣化してしまいそう長持ちはしない。まぁ、安いので古くなったら買い換えたら良いのですが、ホームセンターで買い込みハーバーまで持ってくるのが面倒だ。それにゴミが増え環境にも少しは悪い。そこで環境意識の高いオーナーさんはエコを考え、ホースリールにUVカバーをかけて長く使おうということでしょうか。

c0041039_12492757.jpg UVカバーの正面にセールメーカーのラベルが貼ってあるのでプロの縫製だと分る。費用はホースリール本体よりはきっと高かったでしょうね。でも、もしかしたら新艇のセール一式を買ったらオマケに作ってくれたかもしれない?・・・ですね。

[PR]

by pac3jp | 2010-06-29 12:53 | ヨットの艤装と艤装品  

<< テレビに出演、再生医療・時の人に! ブブゼラ >>