関西ボートショー2010

c0041039_10131436.jpg 今年も春のモーターボートショーが新西宮ヨットハーバーで開催されていた。ボクも日曜日に行ってみたが景気も回復してきたのかお客さんの入りも良いようだし例年に較べて出展されているボートも多く、フローティング出来ないボートは広場や駐車場にも並んでいる。

 会場の桟橋を歩いていると地元のボートディーラーもいるが殆どは知らない営業マンなので気楽に見物できる。そして一番沖側の桟橋が今回も中古艇の展示場所になっていて40f~50fの大型のボートが7~8隻並んでいる。

c0041039_10134193.jpg ふと目に付いたヤマハ(MX-40)の窓に「ご契約ありがとうございました」の張り紙が張ってあった。ちょっと興味があったので簡単な仕様を眺めて値段を確認(1470万円)していると、同業者に先を越されて少し焦っているのか、向かいのボートの営業マンがにこやかな表情で寄ってきて、「こちらのボートもお買い得ですよ」という。
 買ったときには1億円以上もした45fのボートが今は3000万円余りだ。価格は1/3になっているが、そう安くはないともいえる。このボートの価値の2/3の部分は既に消耗していると思ったほうが良い。
 安さに釣られて買ってしまい乗り始めるとアチコチに故障が出て、最悪エンジンの換装が必要となったら2基でウン千万円が吹っ飛ぶ。それでなくても豪華ボートはジェネレーターやエアコンなど故障しやすい補機が数多く搭載されている。エンジンなどの程度をよく見て今後の補修費も見込んで考えるのが基本でしょうね。

 今年もオカザキヨットが新しい小型ボートを売り出している。
c0041039_10143934.jpgRanger R25SC
長さ:7.49m  
重量:2.61トン
燃料:284L 
主機:ヤンマー150hp 
価格 1,334万円

 最初はディーラー社長が自分好みのボートを輸入して皆さんに勧めているのかといるのかと思っていたが、どうもそうではないようだ。
 長年ヨットに乗ってきたがもうセールを揚げるのもメンドクサイ、フネにきたら舫いを外してすぐに沖に出て一回りすれば気分が落ち着くのだからもうヨットでなくても良いのだとおっしゃるオールドソルトが乗りたそうな小型ボートをチョイスして輸入しているようである。

 元気なオジサンには少し大きめの外洋クルージングボート、もう遠くに行く気がないオジサン達には上のようなボートを勧めている。釣りボートのように酷使しないので華奢で装備過剰もOKだし、ここのハーバーにもミノアなど同じようなボートが何隻かはあるが、乗り倒すオーナーさんは居なくて大抵は静かに舫われているだけだ。

 商談中の社長と目が合ってしまうと、「デイセーラー(サフィア)も安くなってきましたよ、どう!」と声を掛けられてしまった。
 彼は「遠くへクルージングする元気はもうないが、安くなったデイセーラーで近場セーリング位はできる客だ」と思っているのかも知れない。

 自慢じゃないが、お金の掛かかりそうなモーターボートは一度も「どうですか!」と声を掛けられたことはないもんね。
[PR]

by pac3jp | 2010-03-30 10:25 | ボート  

<< STANDARD の国際VHF... 第一回国勢調査の記念碑 >>