技術革新だった「松右衛門帆」

c0041039_94282.jpg 弁才船の帆は最初、莚帆(むしろほ)だったが、帆走を常用しつつあった17世紀中期以降、薄い木綿布を2枚重ねて太い木綿糸で刺し子にし、それを縫い合わせてた「刺帆」(画像右側)が用いられるようになっていたが、この帆は製作に手間がかかりすぎる割には強度不足で帆がよく破れるという大きな欠点を持っていた。

 18世紀後期、播州高砂の船頭、松右衛門がその廻船乗りの経験を踏まえ弱い木綿の刺帆から“帆布の技術革新”というべき地元の播州木綿を使った厚地大幅物の新しい織帆を織機の改良など苦心を重ねながら開発した。
 それが「松右衛門帆」(↑画像左側)といわれ、価格は刺帆の2倍もしたが開発から僅か30年余りで全国の主要な廻船は殆どこの帆を装備しているという風に急速に普及した。それは丈夫さから来る耐用年数の増大や手入れに対する費用の低減が値段の高さを補って余りあったからだろう。
 それに帆の強度が増したおかげで刺帆では走れなかった強風でも普通に航海できるようになり、風待ちが大幅に減りそれが航路の航海所要時間の減少という大きな効果になって出てきた。

 そんな革新的な帆布を開発した「工楽 松右衛門」が高砂の人だとは知っていたが、高砂神社に銅像がありご本人が住んでいたお屋敷も現存すると聞いたので週末に見学してきた。

c0041039_983351.jpg 丁度ボクの義妹が高砂の同じ町内の出身なので情報を聞いてみると、工楽松右衛門さんのご子孫と小学校以来ずっと同級だったと教えてくれた。そしてお屋敷には玄関を入ると天井にご先祖が乗ったのか立派な駕篭が吊ってあったし、珍しい道具もあった。またお庭もキレイに手入れされていたと遠い昔の思い出を話してくれた。そして、お屋敷の外壁には和船の船板が張られているのですぐ分るとも教えてくれた。

 「相生の松」で有名な高砂神社の境内にある工楽松右衛門の銅像は意外に小柄な人物で、苗字帯刀を許された2本差しが左手に図面の様な巻物を持ち現場で工事の指図をしている姿だ。表情は船頭から実業家にそして港湾エンジニアへと創意と工夫で華麗に変身してきた人の厳しい目付を持っている。

c0041039_9104652.jpg 旧工楽邸は高瀬船の棚板らしい外壁なのですぐに分ったが、もうかなり前から無住の家のようで、母屋は軒のカワラが落下するので注意を促す張り紙がしてあるし、幾つもある土蔵などはもう朽ちて崩れかかっている。
 近くにも古いお屋敷はあるが、外壁に船板を張り付けた家はない、晩年には地元の港や舟運にも関わってきたことが加古川を行き交った高瀬舟の棚板がそれを物語っているように思いますね。

工楽 松右衛門 略歴(くらく まつえもん 1743年 - 1813年) 
■1743年(寛保3年)、播州高砂(兵庫県高砂市東宮町)の漁師の長男として生れ、幼少から創意工夫が得意であった。帆布(松右衛門帆)などの多くの発明した。松右衛門帆の利益により船持ち船頭になる。
■1790年(寛政2年)、江戸幕府より択捉島に船着場を建設することを命じられ着手する。
■1802年(享和2年)、松右衛門の功績を賞して幕府から「工楽(工夫を楽しむの意)」の姓を与えられた。
■1804年には函館にドックを建設した。
 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア』)

【参考Web】:兵庫県と北方領土
【参考文献】:和船Ⅰ 石井謙治著 法政大学出版局
[PR]

by pac3jp | 2010-03-23 09:13 | 歴史・民俗  

<< 第一回国勢調査の記念碑 弁才船の舵 >>