西宮浜ボートパーク その後

 西宮浜ボートパークは2006年秋に着工し、途中に不法係留艇の行政代執行などあったが、2009年の春には完成したように見えた。しかし、15年間も不法占拠していた広い港湾用地にはまだプレハブ建物など残骸が残っていた。

 2010年1月18日の月曜日、地元紙の夕刊で西宮ボートパーク移転問題で係争中?の西宮今津ヨットクラブのクラブハウスを県が行政代執行で強制撤去したと↓のように報じた。


 西宮浜のヨットクラブ事務所を撤去 県が行政代執行 

 兵庫県は18日午前、西宮市西宮浜1の西宮浜北護岸の一部を不法占拠している西宮今津ヨットクラブ所有の事務所を強制的撤去するため、行政代執行に踏み切った。同クラブは2008年9月にも、不法係留していたプレジャーボートを行政代執行で撤去されている。
 県によると、同クラブはかつて別の港を利用していたが、阪神高速湾岸線に関連する工事に伴い、県が北護岸への移動を要請。県は「一時的な使用で、新西宮ヨットハーバー完成後は移ってほしい」とした上で、1995年3月まで敷地の使用を許可した。
 しかし、同クラブは「新西宮は係留料金が高く、受け入れられない」などとして、期限切れ後も移動を拒否。県は、北護岸で進める西宮ボートパーク整備の支障にもなっていることから、強制撤去を決めた。
 この日午前9時ごろ、県尼崎港管理事務所職員ら約50人が撤去作業に着手。プレハブ2階建ての事務所からソファやテーブル、書類棚などを次々に運び出し、重機で建物を解体した。
 同ヨットクラブなどは、県による事務所撤去命令の取り消しなどを求めて神戸地裁に提訴し、現在係争中。辻井元宏会長(48)は「県の都合で移動を押しつけられ、納得できない」と反発している。(岡西篤志、上杉順子)神戸新聞 2010.1.18



c0041039_8241819.jpg

 ↑画像は2009.12.12の西宮浜ボートパークのほぼ全景である。以前この新施設に移動するはずの艇数に較べて少ないようだがもうかなりのヨット・ボートが入っている。でも、この付近に元々少ない小型艇バースはガラガラですね。

 矢印のプレハブは阪神大震災で地盤が崩れた時に傾いたままの姿でずっと建っていたが、あまり使われているようには見えなかった。2008年に行った不法係留艇の代執行でヨットは新西宮ヨットハーバーに強制移動させられてきた時、ハウスも一緒にすればよかったのにと思っていた。その強制移動させられて鎖で繋がれていたヨットには、まだ充分乗れるヤマハ33や殆ど廃船のヨットなど数隻が長い間新西宮ヨットハーバーにつながれていたのにいつの間にか居なくなっていた。

 もう役所と話がついたんだとボクは思っていたのだが、先日、東隣の甲子園浜埋立地の港湾用地の片隅に上架されて並んでいるのを発見し、彼らはまだ裁判をやっているんだと納得した。


【関連記事】:不法係留ヨットを強制撤去(西宮市西宮浜)
[PR]

by pac3jp | 2010-01-21 08:38 | ウオッチング  

<< ウェイクボードパーク 熊本・八代海の打瀬網漁 >>