広島・豊島の家船(えぶね)

 ボクは前から広島・豊島の「家船」(みょうとぶね)に興味があって、一度は彼らの母港に入ってその家船も詳しく見たいなと思っていた。

c0041039_1724545.jpg

 ところが12月上旬、NHKで、こんなステキなにっぽん「豊饒の海 家船の暮らし」という番組に海洋冒険家の今給黎教子さんが出演するドキュメンタリーがあった。

 昔は豊島から多くの家船が家族と共に魚を追い長い旅をしていたというが、今は「みょうとぶね」で旅の漁をする家船はごく少なくなっているが、そんな家船の一隻にヨット乗りの今給黎さんが乗船し2泊3日の旅をした。

 テレビに映る海域は時々クルージングで訪れるので島々に架かる橋など記憶にある景色もある。漁はタチウオの延縄で大漁だった。1日目の泊まりは呉港だった。そして2日目は倉橋島の室尾の浮桟橋に仲間の漁船を横抱きにして船をつけた。

c0041039_1745493.jpg

c0041039_1761093.jpg 
 桟橋から自転車を下ろしてこれからお風呂と洗濯とお買い物だという画面がある。この港は旅の漁船が必要とするものがすぐ近くでそろっていて便利な港だとおっしゃる。歩いて5分の場所に古びてはいるがちゃんと銭湯がある。なじみのお宅で洗濯機をお借りする。帰りに日用品や食料のお買い物もできた。

 見ているとボクたちのクルージングにそっくりだ!!
乗っている漁師さんご夫婦の年頃も似ているなあ。大きく違うのは昼間に稼いでいるかいないかの違いだ。しかし、このあたりは大きく違うけどね。

 ボクは倉橋島では「くらはし海の駅」の桟橋には数回泊まったことがある。そこは銭湯はないが立派な温泉施設と博物館、きれいな桂浜など観光施設がありヨットやボートで観光するお客さんには便利にできているが少し料金は高めなのがなぁ・・・。
c0041039_1774440.jpg
 今度行くときは家船が泊まっていた浮桟橋に行こうとしっかりと番組を見ておいた。番台のおばあさんがご高齢なのが気になるが長く元気で暮らしていてくださいね。

 「みょうとぶね」の家船で長い旅をする漁船はもう少ないらしいが、シングルハンドで旅をする漁船はどこの港にもいる。8月には徳島の日和佐で舫いをとってあげた漁師さんは宮崎から来ているといって少し寂しそうな雰囲気だった。

 数年前、枕崎で晩飯をご一緒した高速艇を持つ旅のカツオ漁師は五島・玉之浦の温泉にもちゃんと記名した洗面器が並んでいた。彼は小声で「実は中国に彼女を置いている」といい、しっかり働いて奥さんへの仕送りと彼女の元に通う資金を稼がなくてはと言っていた。動機に不純な部分はあるが研究熱心で行動力もあるので、存分に人生を楽しみながらシングルハンドの漁師を多分今でもしていると思う。

 まぁ、色々ありますが、ヨットのクルージングでは元気な奥様か、独身の場合は美人で素直でパワフルなパートナーが一緒だときっと楽しいし旅ができるはずですよ(沖縄にいらしたなあ!)、奥様を、そして彼女を、と、色々と手を尽くして「みょうとぶね」どうですか、と誘ってみたらどうでしょうかね。


【関連記事】1:「みょうとぶね」と浮鯛抄(うきだいしょう)
【関連記事】2:クルージングヨットのクルーについて 
[PR]

by pac3jp | 2009-12-24 17:19 | クルージング  

<< ソーラーセールで太陽系をセーリング! AISの運用は >>