AIS(船舶自動識別装置)を搭載したヨット

 規制が緩和され、国際VHFも5Wのハンディだったら2万円少しで買って第三級海上特殊無線技士の従事者免許があれば、申請書に7100円の印紙を貼って申請すれば艇名を識別信号にした無線局免許状がくる。それを貰えばもうおおっぴらに本船と交信できるのだ。ついでに簡易型AIS(Class B)をつければもっと便利になるという。

 AISの搭載義務船舶(Class A)は、300総トン数以上の国際航海する船舶、500総トン数以上の非国際航海の船舶、国際航海の全旅客船となっている。それ以外の搭載義務の無い船舶向けには無線免許の要らない簡易型AIS(Class B)が販売されている。そんなAISをお仲間のヨットが取り付け運用していると聞いたので見せてもらってきた。
c0041039_16505273.jpg

 上の画像はヨットハーバー(右下)に係留しているヨットのコックピットにあるレイマリンチャートプロッターE80(※2)の電子チャート上にAISとレーダーを重ねて表示した画面である。三角のくさびマークはAIS信号を発信している船舶です。左の防波堤の沖(港外)にいるのは航行中で、岸壁に並んでいる③~⑧(※1)は接岸中の船舶です。ターゲットした⑨番の船のAISのデータが表示中です。プロッターの左上に⑨番の座標と方位・距離がでている。

 このよう夜間や降雨、それに濃霧が発生していても画面上にあるアイコンにカーソルを乗せれば相手の船名、種別、針路、速度、船の大きさ、国籍などが表示される。VHFで相手を呼ぶときにも正確に船名を告げられる。それに自艇もAISを発信しておけば相手もはっきりと確認してくれる。

 当然ながら監督官庁である海保にもちゃんと監視されていることにもなるので公明正大に航行する必要がありますが、位置を公開するのが嫌なオーナーさんにはAIS信号の受信オンリーのタイプもあります。

 見せてもらったヨットの簡易型AISは輸入品だったが国産では古野電気が発売↓している。

c0041039_16544162.jpg FURUNO 簡易型AIS FA-50
■NavNet 3Dやレーダー(FAR-2107シリーズ、FR-8002、MODEL1835シリーズ)、PC等で、AIS情報を表示
■周波同時受信
■クラスA、B 双方のAIS情報を受信
■周囲の船舶(AIS搭載船)の動向把握に加え、相手船に、自船の動向を明確に示すことができるため、安全航行に大きな効果を発揮
■目視がきかない夜間や濃霧時、また、混雑する海域での安全航海をサポート
■壁面装備も自在。ブラックボックスタイプ
■WINDOWS PC上で表示が可能な、AIS表示ソフトを標準装備
※本機は、クラスAの義務装備船には、代替できません

 コックピットに高級なNavNetや多機能ディスプレーを持たないヨットマン用にはパソコンの画面に表示するソフトも付いているのでCMAPなど電子チャート上に表示出来るのかもしれないですね。

※1.白丸の番号は説明用に後から記入したものです。
※2.レイマリンチャートプロッター「E80」は25WのVHFとプロッターのセットで2,700ドル(12/18Web調べ)でした。チャートデータ・レドームアンテナはオプションです。

【関連記事】1:大阪マーチスがAIS(船舶自動識別装置)の運用を始める 
【関連記事】2:APRS 
[PR]

by pac3jp | 2009-12-18 16:59 | ヨットの艤装と艤装品  

<< AISの運用は エコテロリスト シーシェパード... >>