落 水!

c0041039_9245653.jpg

時化模様の夜の海に落水したら助かる見込みは少ない。数年前にニッポンチャレンジの難波さんが四国沖で落水、行方不明になったことは記憶にまだ新しい。

しかし、ヨット乗りがフネから落水するのはポンツーンに係留中のフネからの落水が一番多いだろう。 それも冬から春にかけての寒い時期に多いようだ。

先週も仲間が一人落水した。
フネで宴会をして、お開きになった後フネから下りるときに足を踏み外し、海水温度10度の海に落ちた。 ポンツーンの水面からの高さは60cmくらいだが、高齢化で自力で上がれるヨットマンは少ない。二人で救助したが、本人は寒かった事のほかにも幾らかの? 損害もあったようだ。

◎携帯が浸水でパー・奥さんにしっかりとしかられた事!(想像です)等々

原因を探してみる。

☆ヨットとポンツーンが離れていた事。
☆フネと桟橋の高さが大きい事。
☆この段差の為にビールケースの踏み台が置いてあったが、桟橋に固定されてなかった事。
☆アルコール摂取量・・・これは不問にしよう。

最近のヨットは船内の容積を増やす為かデッキの高さが高い。そのため舷側にステップを置いているフネも多い。安定の良いモノはいいがビールケースなど不安定な構造のものは下面に板を張りスリップ止めを取り付ける等の多少の改造が必要だ。

ゲストが多いヨットのオーナーは舫いを調整してフネをポンツーンに寄せ、踏み台はしっかりと固定し出来れば手すりをつけるなど安全対策をしようよ。・・・ボクが落ちないようにしてね。
[PR]

by pac3jp | 2005-03-30 09:27 | ウオッチング  

<< クルージングに出かけます! 新しい温泉付きのクルージングス... >>