J24でトカラを渡る

c0041039_16263586.jpg 週末の土曜日、お世話になった奄美の夢丸さんがマルエーフェリーで神戸港に着くので出迎えに行こうとお仲間から連絡があった。

 彼らは香川の仁尾マリーナからJ24を奄美に回航するのにやってくるのだという。この季節にちょっときつい航海だと想像するが好天を待ってゆっくり行けば何とかなるのでしょうね。

 先週末は沖縄行きの大型フェリーが荒天の熊野灘で荷崩れを起こし、結局、浅瀬に座礁させる、という海難事故があった。丁度その頃、夢丸さんも同じマルエーフェリーの上り便に乗って時化の海を神戸に航行中で、彼から衛星電話で「ありあけ」の遭難情報など問い合わせがあったと聞いていた。

 神戸港には11月14日(土)午前10時到着の予定だったが、到着日の10時過ぎにガラガラのターミナルに出迎えに行くとフェリーは2時間遅れの12時の到着ですといっている。神戸港は晴れで微風。ここから見える大阪湾は穏やかな海である。どうして2時間も遅れるのか不思議だったが、フェリー会社も色々と事情があるのだろう。

c0041039_1627767.jpg 画像は神戸港六甲アイランドフェリー埠頭に接岸しようとする「琉球エクスプレス」。岸壁にはこれから積み込むコンテナが1個、シャシーに載って置いてある。ターミナルから大きな可動乗降橋が伸びているがこれはいまや無用の長物のようだ。

 12時、無事に着岸して、夢丸さん達お二人の乗客が降りてきたが、あとは誰もいなかったように思う。大阪で降りた人もいたと思うが沖縄・神戸航路も乗客は少ないもんですね。遭難した東京・沖縄便も乗客はたった7名だったというから。

 予定が2時間も遅れてしまったので夢丸さんからゆっくりフェリーの話も聞けずに、集合写真を1枚撮っただけでジェニファーさんのトレーラーで四国・仁尾マリーナに向かった。その後の予定はまず、J24の整備をし、船検を取り、11月18日には出港したいとおっしゃていたが、雨だったり北が強かったりしたので遅れたかもしれない。コースは瀬戸内海→豊後水道→宮崎→鹿児島まで行き、お天気条件がよければトカラを渡って奄美に向かうが、デッキ積で古仁屋にかえることも想定しているとおっしゃっていた。

c0041039_1024625.jpg ボクもJ24は期間を空けて2隻を合わせて5~6年ほど乗ったことはあるが、長距離には乗ったことがないなあ。帆走性能は良いがクルージングにはどうかと思う、これで日本一周をしていた人に出会った友人から「たいへんしんどかった!」と言っていたよと聞いたこともある。
 (上のJ24はボクたちが'02年のJ24ワールドカップ予選に出ていた頃のフネ、成績は別にして楽しかった思い出のヨットだ。)

 でも季節は晩秋、黒潮の海はそう寒くはない。北よりの順風が数日吹けば、楽楽と黒潮を乗りきれるだろう。かっては同じくらいの長さながら水密甲板のない和船でこの海域をわたっていたという。小さいとはいえ高い帆走性能を持つセーリングクルーザーに経験豊かなスキッパーが乗っているのだ、航海は充分可能だろう。ご安航をお祈りする。
[PR]

by pac3jp | 2009-11-20 16:33 | ウオッチング  

<< コクピットから見えるディスプレ... エコポイントがやっときた! >>