ヨットでピアノを弾く

 ずっと前、西田敏之の「もしもピアノが弾けたなら」という歌がヒットしていた頃、叶わぬ夢ながらボクもピアノが弾けたらと思ったものだった。その時、一念発起したオジサン達はもうかなりの腕になっているはず、でもやっと今、自分のヨットにその環境を整えたヨットマンがいらっしゃる。

 ヨットはちょっと古いヤマハ30S、左舷のチャートテーブルを改造してキーボードをセットすろことにしたが、誰もが持つピアノのイメージはやっぱり“黒光り”するピアノフィニッシュだろう。オーナーはこのテーブルを鍵盤カバー兼楽譜立てに新しく製作しなおし、ピアノフィニッシュで仕上げた。(下の画像)

c0041039_14521516.jpg

 ピアノ上のアクリル窓の収納部と右は12Vスイッチボード。AC100V用のコードがアチコチに見えるので陸電はまだ工事中のようです。元のチャートテーブル内に収まっているピアノのカバーは木製だが、上の棚が映るぐらいの仕上げになっている。

c0041039_14524336.jpg

 上の画像はカバーを開けてこれから演奏しようと言うところ。楽譜立てに写真を撮っているボクが映ってしまった。「うまい具合に収まっていますね」とお聞きするとこのヨットのサイズに合うキーボードを巻尺をもって捜したきたとおっしゃる。さすが!

 でも電子楽器は便利ですね。自動演奏でも、難しいヶ所は繰り返し演奏してくれる。近所に喧しければヘッドホンでも楽しめるのだ。
 もうしばらくすれば、このヨットであっと驚くピアノ演奏を聞かせてくれる日も近いのかもしれないなあ。

c0041039_1453890.jpg ヨットで楽器を弾くといえば、'05年の九州周航の折、波穏やかな瀬戸内海で箏の音を聞きながら航海したこともある。
曲名は宮城道雄作曲の「春の海」だったとか。(左画像)

 パートナーは毎日必ず箏を弾くという日課を休まず遂行するため小さめの箏をヨットに積み込んでいた。お客さんに披露することはなかったが毎日ボクが生演奏を聴かされていた。まぁ、何十年も箏や三味線の音は聴かされて続けていますので、もう風の音や小鳥の囀りくらいに自然の音に聴こえていますけどね。

【関連記事】:ヨットの旅と音楽
[PR]

by pac3jp | 2009-11-16 14:57 | 音楽・パーティ  

<< エコポイントがやっときた! 翻案劇「サロメ」をみる >>