7月22日 皆既日食、残念の日

c0041039_959256.jpg

7月22日 皆既日食の日だが朝から曇天で小雨がぱらつき皆既日食を観測するには生憎のお天気だ。

我々は屋久島の東、安房沖で雲の合間に偶然に姿を見せるかもしれない太陽を見るため朝から出撃した。

石原軍団が乗る大型ボートも波を蹴たてて追い越し行く。
天気は悪く、時々大粒の雨が降る。種子島海峡の中程まで下ると屋久島のブランケットから出て南西の強風と3~4mの高波が立っている。南下不可能、引き返す。周りには82fのメガヨットも見えるが、それも大きく揺れている。

やがて、皆既日食が始まる時間になるが雲は厚く、明るさもさほど変わりはない。しかし、皆既日食時間に近づくと海面は暗くなるが低い雲はやや明るい。

突然夜になった、灯台が光り、いつの間にか集まってきた二隻の大型フェリーのキャビンライトが、小型船の航海灯が幾つか見えている。
でも、依然として雲厚く太陽のかけらも見えない。

3ノットの逆潮に苦労しながら宮之浦に帰ると「ここでは二度も見えたよ!」停泊組が教えてくれる。少しだけ残念。
我々を追い越して行った高速パワーボート石原軍団艇も波には勝てず引き返したけど、雲の隙間が出来た宮之浦で少しは見れたらしい。

大イベントは終わった。残念ながらトカラ群島は全滅だったようだなぁ。
港にいる各艇共に明日は出港の予定。 我々は種子島へ向かう。
[PR]

by pac3jp | 2009-07-23 09:59 | 九州・沖縄周航  

<< 7月24日 種子島・西之表港 7月21日 皆既日食、前日 >>