ヨット用、新型の日除け

c0041039_1126114.jpg いよいよ夏が近づいてきました。梅雨の晴れ間にやってくる強力な夏日、沖を走っているときは海風もあり、そう気になりませんが、ハーバーに入るとその真夏並みの酷暑が身体にこたえます。セーリングから帰りバースで寛ぐとき、コックピットを覆う風通しのいい大型の日除けテントの下で冷えたビールあればもう極楽である。キャビンのエアコンを入れる手もあるが、やっぱり、自然の風が抜けるデッキが一番だ。

 ウエストマリンのカタログを見ているとブロック屋のRonstanから面白いコクピットの日除けテントが売り出されている。
 「Air Arch Inflatable Tents」という名で空気を入れてアーチ型に膨らます日除けテントだ。セールボート25f~45fの大きさに適合する4種類の商品が出ている。

 国内で比較的多いサイズ、30f~35fのヨット用でアーチの大きさは 幅:3.1m、高さ:1.1m、長さ:3.5m、重さ:5kg 価格は540ドルと表示されている。現物を見てないので高いか安いかボクには何とも判断出来ないですが、懐に余裕がある方は一度試してみてはいかがですか。

 自作の日除けを使っているヨットマンは多いが、自作といっても一番簡単な方法はホームセンターで買ってきたシルバーシートに雑索をつけてブーム上に被せ左右のライフラインに繋げば一応の日除けは出来る。予算も2,000円くらいで出来上がるが、これに居住性の向上を図るためにバテンを入れたりすると個人の美的センスが加わり個性的?にはなるが手間と費用が当然増加する。

 シルバーシートは不細工だと思う人はお好きなカラーのサンブレラを用い、セールメーカーに作ってもらうことになる。これは綺麗に出来るが費用も嵩み「Ronstan」のテントよりずっと高くなることもあるでしょうね。

 ボクはシルバーシート派だった、ブームに被せると天井が低くなるので、少し高めにマストからバックステイまで、不要になったハイテクロープ(ダイニーマやスペクトラ)を張り、しっかりとテンションをかけて、そこにシートを被せていた。間違って三つ撚りのクレモナなどを使うと風が吹いたり雨が降ってきたらロープが伸びてひどい事になりますよ。

 シルバーシートの展開は周りに打ってある鳩目からライフラインなどに留めるのだが、これには雑索よりショックコードの方がお薦めです。日除けが風に煽られるとロープだとそのショックは全部鳩目に掛かり、すぐに破れてしまう。ショックコードだと鳩目にもやさしく、シート全体にもテンションが満遍なく掛かる、従って寿命も長くなるということです。

 日除けの出入り口側を高くすると乗降が楽になります。ボクの場合はサイドステイからスターンのポールなどにもう一本のロープを張りシートをこのロープにも被せることで端が高くなってくる。

 クルージングヨットにハイテクロープが余っている訳はないが、最近のレーサーはみんな使っているので古くなったJ24のハリヤードやスピンシートなどは太さも長さもハイテク雑索?としてはねらい目ですが・・・。
 譲ってくれる知り合いもいない場合は新品のハイテクロープをリギンの応急補修キットとして購入して、それを時々使うという発想が現実的な方法かな。
[PR]

by pac3jp | 2009-06-22 10:55 | ヨットの艤装と艤装品  

<< SAILOR'S HE... セールドライブを補機にしたボート >>