5月21日 沖縄県伊江島・伊江港

c0041039_832135.jpg

前日の夕方、役場の吉田さんからパネルに貼られた「与論島寄港証明書」を頂く。

0600 与論島・茶花港出港 天気予報は晴れとなっているが朝は霧がかかり視界は悪い。南東の風、10ノット。
0730 ガスは少し薄くなってきた。針路231°艇速6.3ノット、時々晴れ間がある。
0800 左舷に沖縄本島が、右舷に伊平屋列島が見えてきた。
1000 晴れ、青い空白い雲、南風14ノット、波50cm正に沖縄の海だ!
北に向かうシングルハンドのヨットと行き交う。
1230 備瀬埼灯台を左舷前方に見て向かい風の伊江水道に入る。
1400 伊江港に到着。西側の船溜まりに槍付けで係留しようとしたが、珊瑚の海のアンカーリング第1回目は失敗。横風も強いので横付けに変更する。
14200 係留完了

梅雨の合間の夏日に大汗をかいて岸壁に繋ぎ終わると、フェリー桟橋の隣に浮き桟橋があり、後ろ半分は係留OKだと言う、次回入る時は使わせて貰おう。
トイレはフェリーターミナルに、水は港のスロープにある。
コンビニはファミリーマートが徒歩圏にある。食堂もあるがメニューが不可解だった。まず、みそ汁が600円と書いてある。ボクらは和定食のみそ汁をイメージして、高い店だと判断したが、ゴーヤチャンプルは600円なので普通の値段だ。それに、食堂のおばあちゃんが話す言葉がよくわからない。

後で地元の先生にお聞きすると、具沢山の豚汁の様だと説明され納得する。

沖縄エリア1日目は文化の違いを感じた港だった。
[PR]

by pac3jp | 2009-05-22 08:32 | 九州・沖縄周航  

<< 5月22日 宜野湾マリーナ 5月20日 与論島・茶花港 >>