5月14日 奄美大島・名瀬港

c0041039_21225679.jpg

悪石島では夜半から谷を吹き下ろす風と激しい磯波の音がずっと聞こえていた。
早朝、まだ薄暗い海面を観察して出港することに。

0520 悪石島・やすら浜港を出港。晴れ、北の風16ノット、波2~3m、ジブ一枚で針路200度63マイル先の奄美大島を目指す。
0900 晴れ、北の風18ノット、波とうねり2~4m、真追っ手6ノットでローリングしながらの航海中にトビウオが群れでヨットの前を横切っている。
名瀬迄、約43マイル。
1100 快晴、日差し強まる。風向は変わらずだが波はやや低めになってきた。
残り30マイルほど。
1300 真夏の海のように暑くなってきた。相変わらず追っ手、あと14マイルだがまだ島影も見えない。
1550 ヨットクラブがある大熊漁港を偵察し、名瀬港内で係留場所を探すが3隻ともなると中々良い場所がない。
1700 奄美大島・名瀬港の長浜埠頭にモヤイをとる。

ここは名瀬に入ると最初の西側船溜まりだ。そこに新しい係留桟橋が出来ていた。まだ供用前のようで車は入れないようになっていた。
近所のホテルでサウナ付きで少し高いお風呂(@1000円)と食事が出来る。トイレ、コンビにも近い。

明日は奄美・古仁屋港の予定。
[PR]

by pac3jp | 2009-05-14 21:22 | 九州・沖縄周航  

<< 5月15日 奄美大島・古仁屋港 5月13日 皆既日蝕の悪石島 >>