LEDのスプレッダーライト

c0041039_11471933.jpg お正月にはX34のクルージング仕様の新艇が浮かんでいた桟橋に今度はマストにレイシオンのレーダーが載ったX37の新艇が艤装中だった。

 カーボンのスピンポールなど前のX34(右側に少し見える)よりはるかにレーサーぽいがクルージングのためのオプションがあれこれとついている。

 ボクなどエックスヨットはレースをするために乗るヨットだという先入観で見てしまうが、どうもこのハーバーだけの特殊な現象に惑わされているのかもしれない。ディーラーのメカニックにお聞きするとこのフネは東北の霧の発生が多い海域で使われるのでレーダーは必須の装備だという。ここだとマストに重量物などとんでもないというところだが、地方では少々のトップヘビーより安全・快適なセーリングが大切という健全さがありますね。

c0041039_11432523.jpg

 新艇を見ていて楽しいのは、今度のフネはどんな新型の艤装品がついているだろうと思いデッキを眺めることだ。
 そんなボクの風情を見て「新型のLEDスプレッダーライトが付いていますよ」と教えてくれた。新艇の航海灯はアンカーライト以外はもう殆どLEDになっているようだが、桜マークが不要のスプレッダーライトなどもっと早くに出来ていたのかも知れないが、上を向いてまで確認してないので見落としていたなぁ。

 それは高輝度LEDが3個内蔵されたフラットなライトで左右のスプレッダー下側にセットされデッキを照らすようになっている。昼間に点灯してもどの位の明るさか判断できないが足元とジブシートや舫いロープ、セールなどが凡そ見えればオッケーなのでこれで充分か。でも、電力の消費量からいえば電球に比べて殆どゼロに近い量なのでレース中など特に有効ですね。
 それに電球タイプの器具は大きいのでマストではハリヤードが絡むし、スプレッダーでは電球の取替えも面倒だ。LEDは長寿命だと言われているが実際は電源を繋ぐケーブルの接続点やその施工技術の差で寿命が決まりそうだが・・・。

 上画像を見るとスプレッダー上辺りのマストの右舷にレーダーがついている。マスト正面につけるとスピン関係のシートと絡むのでレドームをロープガードで保護しているフネやどちらかのスプレッダー上につけたフネもあるがマストの方が堅牢に取り付けできそうだ。これはデンマークのビルダーでセットされてきたとか。

c0041039_1144555.jpg もう1つ、シュラウドに新型タンバックルが使われているのを発見。



【関連記事】:航海灯がLEDに!
[PR]

by pac3jp | 2009-01-20 11:53 | ヨットの艤装と艤装品  

<< デッキカバーを繕う 「DREA夢」ハワイの休日 >>