「X34」クルージング仕様の新艇

 このハーバーには輸入元ディーラーの本拠地でもあるので大小さまざまのⅩヨットが係留している。まぁ、殆どがヨットレースによく出るレース好きが乗っているのだろう。最近はレース派オーナーの中でⅩ35ワンデザインクラスが流行っていて纏まった数のレーサーがヤードに上架されている。

c0041039_18111658.jpg

c0041039_1813511.jpg そんなレーサーが多いⅩヨットには珍しくクルージング仕様の「Ⅹ34」新艇がつい最近輸入されたようだ。

 桟橋に係留された外観を見ると、まずクルージングヨットらしくバウに大きなステンレスのブルースアンカーが目立つ。マストには筒型のレーダーリフレクターや昇降用のステップ(↓画像左)がマストトップまで取り付けてある。ジブはエリアの小さいセルフタッキングジブになっている。それにコンパニオンウェイをすっぽりとカバーする大きなドジャーが付いている。

c0041039_183285.jpg

c0041039_1881427.jpg
 このように外観は全くのクルージングヨットのように見えるが、よく見るとレーサーらしい艤装もアチコチにある。

 大口径のステアリングホイール、専用ウインチに巻き取るエンドレスメンシート(↑画像右)の取り回し、ハイテクロープのバックスティ、それによく走りそうに見えるハルのデザインなどなど。

 自分が乗るクルージングヨットを選ぶ基準はその新しいオーナーの経験、夢、財力などで様々だが、皆さんしっかりとお持ちだ。Ⅹヨットを選んだこのオーナーは高速のクルージングを目指しているのかも知れない。

 ボクの仲間でジャヌー32からⅩ38に乗り換えたオーナーがいらっしゃるが、オーナー曰く、「以前と比べて瀬戸内のクルージングでもセーリングする時間が増え、燃料の消費が随分少なくなった」とおっしゃる。
 でも良いことばかりではないはずで、例えばセールエリアの足りないメインファーラーや使い古したセールではその帆走性能も充分発揮できないし、船底のメンテナンスも抜かりがあったら台無しだ。たぶんそれなりのご苦労はおありのはずである。

 ボクなどクルージングヨットにスピードはそう重要な要素ではないと考えてきた。ヨットは波の中でもゆったりと、どっしりと帆走れる頑丈なヨットが好みだ。

 でも、たまには上りも良くてスピードもあるレーサー風のヨットもいいなと思うときも・・・。
[PR]

by pac3jp | 2009-01-05 18:25 | ウオッチング  

<< 「神戸メリケンパークオリエンタ... 2009 謹賀新年 >>