オランダからのクルージングボート来る

 10月19日の日曜日はハーバーの芝生広場で地域と協賛して開かれる「西宮浜マリンフェスタ2008」のイベントがあった。小雨が降ってお天気は今ひとつだがフリマや無料で配られる国産牛のバーベーキューには長い行列で賑わっていた。沖では小雨で微風の生憎のコンデションだが、オープンヨットレースが開催中だ。レース表彰式の後、夕方からは花火大会が予定されている。

c0041039_15565960.jpg

 ビジター桟橋にロングクルージング中のケッチが泊っているのに気がついた。42~45fくらいのセンターコックピットタイプのヨットである。船名は「フィーチャー」船籍はオランダのロッテルダム。船体は長い航海をしてきたからか全体にくたびれている感じだ。

 桟橋に彼等の自転車はあったが、オーナーは不在のようでスライドハッチは鍵が掛かっていた。コックピットを覘くと整理整頓には頓着がないフネらしく自分が使いやすい場所に物が置いてあるいった風である。
 ここへ来る以前に滞在していた泊地のだろうか、左舷のシュラウドにヨットクラブのペナントが括ってある。よく見ると大阪府下のどこかのヨットクラブのペナントらしい。来週もまだ滞在中ならば、お仲間と一緒に表敬訪問をしてみるかな。

 新西宮ヨットハーバーも日本国籍のヨットやボートのビジター係留料金は結構高いが、外国籍の船には外人特別価格を設定し、係留料金は安くなっている。このビジター桟橋は県の公共施設であってハーバー会社は管理業務だけ請負っているはずなので、何もここから収益をあげる必要はないのでビジターの日本人にも安く使わせたらいいのにとボクは思っている。

 そして、ビジター桟橋はヨットやボートそして海や船に親しむ大勢の人々で賑わっていることが大事ですよね。
[PR]

by pac3jp | 2008-10-27 15:59 | ウオッチング  

<< 大工さんのまな板 ノリ網にご注意! >>